腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
強風レトロ
全国を春一番が吹き荒れた日、
取材で北九州に飛びました。
九州北端の城下町、小倉にある
松本清張記念館を訪れたのです。
取材は夕方からだったので
その前に観光をしようと、
朝の便で行き、夜の便で帰ってきた。

せっかくだから、関門海峡でも見て行くか。
北九州空港から高速バスで40分程で小倉駅へ。
そこからJRで数駅の門司港へたどりつく。

門司港への車窓
テレッテッテッテテーテテーテーテー♪
赤レンガが見えてきた。


開港から120年。
かつて神戸、横浜に並ぶ国際貿易港として栄えた門司港は
当時の面影を残す建物が立ち並ぶ
レトロ好きにはたまらない場所だ。
だって到着した門司港駅がすでにもう、
大正ロマンに溢れてるんだもの。

門司港駅舎
1914年(大正3年)に建てられた
ネオ・ルネッサンス様式の駅舎


ロマンなトイレ
はいからさんが通りがかりそうな
ロマンティカな駅舎のトイレ


短い時間でひたすら洋館めぐり。
旧門司三井倶楽部、旧大阪商船、旧門司税関など見て回る。

三井倶楽部
旧門司三井倶楽部
扉からしてすでにヨダレモノ。


ふんだんに使われている木材は飴色になり、
朽ちたレンガは趣たっぷり。
アンティーク和家具好きな我輩にとって、
妄想膨らむ外・内装。
ああいつか、古民家を改装して住みたい
と、DIY魂がうずく。
税関内装

単独行ならではの愉しみといえば、
セルフタイマー。
セルフタイマラー(※)の本領発揮とばかり、
ひとりで盛り上がって参りました。

(※)シャッターを他人任せにできず、
自分、もしくは自分たちの姿をこだわりの構図で収めるため、
あちこちで怪しげに動きまわり、小さな自己満足を満たす人。
大抵、うまくいかない。

旧門司税関前
1912年(明治45年)築。
旧門司税関前にて、もの思ふ。


展望台もある。300円で31Fへ。
税関と展望室
曇っていたのがちょっと残念だったが、
関門海峡を望み、巌流島を確認。

関門海峡
関門海峡

せっかくだから名物を。
門司港発祥の焼きカレーはご存知?
つまり、半熟玉子のせカレーグラタンといったところ。
間違いのない組み合わせだ。
焼きカレー
あちこちで「門司港名物焼きカレー」の旗が立っていたが、
どこに入っていいのか迷い、
結局、眺めがよい
という理由だけで選んだ店で食す。
焼きカレーMAPの存在を知ったのは、
お腹が膨らんだ後だったが、
おいしかったから、まあいっか。

夕方からの取材のために、午後、小倉に引き返す。
1899年(明治32)、陸軍の軍医だった森鴎外が、
小倉に赴任した際、1年半ほど過ごした住居が
残されているそうで、是非見たかったが、
街中を彷徨うも、発見できず。
自慢ではないが、最寄駅にものすごく早く着いても、
目的地とま逆に歩き、遅刻スレスレになった経験もある
方向オンチなのだ。
人に尋ねようにも、周辺はいわゆるピンク街。
昼間だから人通りもなく、狭い路地には頽廃的ムードが漂う。
小雨も降ってきたし、風は強いしで、
エエイ仕方あるまい、小倉城へと向かった。

街中から城が見える
小倉はモノレールも走る都会だった。
街中から城を望む。


ガラシャ夫人で知られる細川忠興築城の城。
しかし、取材時刻が迫っていたために、
天守閣を真下から見上げるに留まった。

というわけで、
5時起きで25時帰宅。
ハードながら、充実の日でした。

帰りの飛行機は風の影響で超揺れた。
機長やCAの繰り返す
「安全運航には問題ありませんので~」
というフレーズに、
(ヤバイのか!?)
と逆に緊張。
機内
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おつかれーしょん
たまに取材で地方に出かけるのもいいよね。
取材でないと行かないようなところも多いし。

充実した一日だったね~!
2009/02/24
(火) 17:34:15 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
ただいまーしょん。
to.ぬまりんこ

いつもチェギナウトしてくれて
嬉しいよ。ありがとね。
もうすぐマミーだよね!?
ステージ袖で出番を待つ
ドキドキな感じ?
それとも、母なる大地的に
意外と落ち着いているものなの?
何につけ、凄いな。
健闘を祈ってるよ!
2009/02/25
(水) 13:47:13 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。