腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Thank you,Dread.
歳を取るにつれ、涙もろくなってきたなり。
動物モノはもう、ノーリーズン。
先日も号泣しました。
それは、アニメ。
登場人物(犬?)のボクサー犬が
世を去るシーンであります。
アニメといってもこれ、語学番組。
教育テレビで昨年4月から放映されている
「リトル・チャロ カラダにしみこむ英会話」
という番組なのだ。

時々見ているのだが、
たまたまその日チャンネルをまわしたら、
一番好きなキャラクター・ドレッドが
主人公に別れを告げる回だった!
その思いがけない展開に、気づくと
うぐぅぅぅうぐぅぅぅ
と泣いておりました。

説明しようっ(声高)。
リトルチャロとは、初級向け英語講座のこと。
普通3ヶ月や半年といったスパンが主流だが、
1年という長期で企画され、
しかもオリジナルストーリーのアニメ
という珍しい語学番組なのだ。
ちなみに主人公の声は純名りさがやってる。
テレビ、ラジオだけでなく、
ネットやケータイとのタイアップが
充実してるところもおもしろい。

ストーリーはというと、
少年・翔太に拾われた捨て犬チャロが、
一家で旅行に訪れたアメリカで家族からはぐれ、
行き着いた先、ニューヨークで
日本に戻るために必死に頑張る話。
様々な人々(犬々?)、動物たちとの出会いに助けられ、
英語も徐々に上達し、たくましく成長してゆく。
I'll go to back to Japan!と
日本へ戻ることを諦めない健気な姿が可愛い。

ドレッドは、そんなチャロを守り、
厳しい大都会で生き抜く術を教えた
タフガイだったのだ。
番組当初、粗野でぶっきらぼうで、
孤独だったドレッドは、
チャロと出会うことで、
次第に心を溶かし、丸くなってゆく。
そんなドレッドの男臭さ、喜怒哀楽の不器用さ、
時折垣間見れる飾り気のないやさしさが
なんともたまらんかった。
しかし先日。
病に倒れ、番組から去ってしまったのです。

そんなドレッドを追悼するため、
彼のセリフを紹介するなり。
あんまりいい言葉だったもんで
思わず書店で手に取り、そして買ってしまった
2008年6月号からです。

-------------

自分の誕生日を知らないことを淋しく思うチャロは
夜、ねぐらに戻るとドレッドに
誕生日というのは、どんなものなのか尋ねるシーン。

-------------

ドレッド:
どの日に生まれたかなんて関係ないさ。
おまえにもすばらしい日があるだろう、
祝いたくなるような。

It doesn't really matter when your birthday is.
You have a wonderful day to celebrate anyway.

チャロ:え?

ドレッド:
翔太に会った日のことを覚えているか?
You remember the day you met Shota?

チャロ:
うん。雪の日だった。日曜の朝で……
Yes.It was a snowy day. Sunday morning.

ドレッド:
じゃあ、雪の日曜の朝はみんなおまえの誕生日だ……
Then every snowy Sunday morning will be your birthday...

チャロ:……

ドレッド:なんだ……?どうかしたのか?
What? Something wrong?

チャロ:ううん……ありがと、ドレッド。
No....Thank you,Dread.

ドレッド:もう遅いぞ。寝ろ。
It's late.Get some sleep.


ドレッドのいない今、
番組を見るモチベーションが
イマイチ上がらないコメ助でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やばっ!
良い話だね~~~!!!
ブログ読んでるだけでも
ウルッときたよ。

アテクシも今、英語に再挑戦中。
そして韓国語も
微妙ひっそりと始めました…。
2009/01/23
(金) 14:51:17 | URL | まなみんぐ。 #-[ 編集]
to.まなみんぐ。

そうかい?そうかい?
共感してもらえて嬉しい。
英語に加え、韓国語も再チャレとはさすが。
2009/01/26
(月) 19:20:26 | URL | コメ助 #-[ 編集]
こまちゃん状態のコメ助夫妻かぁ
そういやあ最近泣いてないなぁ~。
2009/02/12
(木) 21:09:29 | URL | #-[ 編集]
to.あおむし

いつの間にやらたくさんのコメンツ、嬉しいねぇ。
小さな携帯の画面で一所懸命見てくれてると思うと、更新する気になってくるよ。
2009/02/16
(月) 12:30:27 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。