腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スコン、スコン、コメ助スコン♪2
焼きあがって一服

沼っち、楽しみにしてくれて嬉しいよ。
さすがは小料理屋を切望される逸材なり。
というわけで、
イギリス女性の骨太な作り方をご紹介しよう。

粉は普通の薄力粉でよろし。280g。
“なに、ふるったりする必要は全くない”(著書より)
これに、ベーキングパウダーを茶さじ2杯くらい。
ここに、テーブルスプーン1杯程度のささやかな砂糖。
これらをボールに、
なければ我輩のように深鉢皿に全部入れて
スプーンでざざっと混ぜておく。
今回は、オカンから大量に
ホットケーキミックスをもらったので、砂糖は入れず。
膨れてナンボと、ベーキングパウダーはちょい入れたけど。

全ての材料

さあいよいよいよ、スピードと力技で一気に勝負!
この粉の中に、カチカチのバターを
テーブルナイフのようなもので削り入れていくのだ。
カチカチってのがミソ。パイを作る要領と同じである。
(温度差があればあるほど膨らむから)

本当はバター125グラムだって。
我輩は、なんとなく2カケくらい。
ほら、バター買ってくると、
まずなんとなく等分に切っておく場合あるでしょう。
あれを、2カケ。かなりヘルシィ~なりよ。

バターを粉の中に落としたら、次に力勝負。
指先の力だけで、バターのカケラを粉に馴染ませて
フレーク状にしていくのだ。
決して、温かい手で「握って」はいけない。

“この作業が終わる頃には、
 指の付け根がしびれたように痛くなるが、
 それでちょうどいいのである。”(著書より)

しかし、手の指にアトピーを持つ我輩にはつらい。
そこで考えたのが、
あらかじめ皿の上でバターを細かくしておいて、
そこに粉をぶちこんで、全部の材料ごと、
冷凍庫に入れてちょいと待つという荒業。
こうすれば、力も時間も短縮できる。

よーく冷やす
★卵と豆乳も冷蔵庫で冷やす徹底ぶり★

バターと粉が馴染んだら、そこに卵2個
そして本来なら、生クリーム、あるいは
プレーンヨーグルトと牛乳を合わせたものをカップ半分
レーズンひと掴みをざっと投入する。

我輩が試行錯誤の末
(作業1回目は生地がまとまらなくて悪戦苦闘した)
導き出した量をこちらに紹介しよう。

ホットケーキミックス200gに対して
バター2カケ
豆乳(別に液体ならなんでもいいと思う)50cc
ベーキングパウダー茶さじ1/2
(ま、ミックスなら、入れてもいれなくても)
パルメザンチーズ大匙5くらい?
(目分量。もっと入れても入れなくてもいいと思う)

ここで大切なのは豆乳、つまり液体の量だけ。
もともと、実家からもらった
パルメザンチーズの賞味期限が切れたから、
スコンで消費しようと思い立っただけで、
乾燥しているもんなら、何いれてもいいと思う。
定番のレーズンが駄目な人もいるでしょう。

さて、生地に戻るなり。
大切なのは、いい加減に混ぜること。
決して丁寧に混ぜてはいけない。粘りがでるからね。
これを、なんでもいいから
大きくて平らな板の上に慎重にあける。
我輩は台所のステンレス調理台の上に
直接ぶちまけます。
打ち粉はたっぷり。
薄力粉である必要はないだろうと、
我輩は、天ぷら粉で殺っちまってます。

この粉とバターの混合物がなんとなくまとまったら、

“座布団を畳むごとく”
“電光石火の気合で”(著書より)

畳んでは、押しのばしていく。
決してこねてはいけない。
これを繰り返すこと1分。
まとまった生地をこれまたいい加減に手で伸ばして
約1㎝ほどの厚さにしてから、
さっきバターを切ったナイフで
“すかすかすか”(著書より)という風に
適当に切り分けていく。

決して延べ棒なんて使っちゃいけない。
型を抜いても結構だけど、
時間がかかるし、余白が無駄になるんだよね。
表面に卵の黄身を塗ったっていいけど、
本場では、艶なんてないタイプが主流らしい。

無謀にもトースターで焼く
★無謀にもオーブントースターで焼く。
 1回目はチトでかく切り分けすぎた★

で、220℃のオーブンで大体15分ほど焼く。
焼き時間は、家庭によって試行錯誤する必要あり。
我が家は小さなオーブントースターなので、
生地を作っている間になんとなく温めておいて、
生地ぶっこんで18分がベストだった。
だから、温度はわからないなぁ。

アルミを被せる
トースターの場合、
ヒーター部分と生地の距離が近く、焦げてしまうので、
最初の13分はアルミホイルをかぶせて焼く。
ラスト5分で外す。
これも、ありったけのホットケーキミックスで
スコンを大量生産しながら掴んだ感覚です。

大量生産
★アホみたいに作ってみた★

コーヒー、紅茶なんでも合う。
男性受けもいい。
硬さがあるから、持ち運びも楽。
皆様も、悪戦苦闘してみてはいかが?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
旨そう♪
私もリンボウ先生の本、昔沢山読んだなぁ。
私は何年か前、福島県にあるブリティッシュヒルズというところで、スコーン作りやったよ☆
案外、手軽に豪快に作れて、いいよね。
日本にはクロテッドクリームがあまり無くて残念よね。

(クロテッドクリーム)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

(ブリティッシュヒルズ)
http://www.british-hills.co.jp/lecture/
2008/11/11
(火) 21:01:39 | URL | Nao #-[ 編集]
to.Nao姐

そうそう、クロテッドクリーム!
食べたことないなりよ。
いいなぁ~。
メタボ一直線の、
魅惑的なクリームだよなぁ(涎)。
で、ブリティッシュヒルズのページみたなりよ。
Nao姐がここでどんな英語を駆使して
スコンを作ってたか見てみたい。
おいらなら絶対、
『ちょっとyouそれmeにhand overして』
とか言いそう(笑)。
2008/11/12
(水) 17:40:13 | URL | コメ助 #-[ 編集]
確か新幹線の駅からマイクロバスで30~40分かかる凄い田舎だったけど、
なかなか良いところだったよ。
レシピも確か英語で書かれたのを渡された気がするw
もう全然覚えてないんだけれどw
本場エゲレスのアフタヌーンティは物凄い量です。
気持ち悪くなるくらいの。
クリームティー(スコーンとクロテッドクリームとお茶のセット)くらいで丁度良いかも。
2008/11/13
(木) 00:22:57 | URL | Nao #-[ 編集]
料理は愛情!・・・とアイデア!
凄い!
この研究熱心さには毎度毎度脱帽だよ。
チミはおうちのいいシェフだよ!
常々思うけど、料理って愛情で腕が上がり、アイデアで腕に磨きがかかると思う。
チミがいい例だ。スバラシイ!!

私もぜひぜひ格闘してみたくなっちまったよ。

うちはチーズがないので、ふかして潰したカボチャやさつまいもで代用してみようかね。
その場合は豆乳は少な目のほうがいいね。
このレシピ、バターも砂糖も少ないからかなりヘルシーだよね。
ダイエット中でもいけそうだわ~。
2008/11/14
(金) 16:15:55 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
to.ぬまりんこ

褒めすぎほめすぎ。
研究というより、冒険だよ。
しかも継続しない(笑)。
なるほど、
カボチャやさつまいもか!
いいかも。
卵以外、液体いらないかも。
2008/11/17
(月) 12:52:05 | URL | コメ助 #-[ 編集]
うまそうなり!
いっぱい作ったね~。

いろいろ工夫して
ダイナミックにやっているとこがすごい!
2008/11/26
(水) 23:20:41 | URL | まなみんぐ。 #-[ 編集]
to.まなみんぐ

何をおっしゃる。
youの生み出すジュエリーに比べたら、
まだまだ修行が足らんですわ。
今度作って持ってくなりよ。
ひとつはワサビ入りでね(笑)。
当たったらリアクションに期待!
なんちって。
2008/11/28
(金) 18:18:53 | URL | #-[ 編集]
コメ助スコーンは美味しかったな~
今週末は肉まんにチャレンジしてみるっす
2009/02/12
(木) 21:19:07 | URL | あおむし #-[ 編集]
コメ助スコーンは美味しかったな~
また食べたい
今週末は肉まんにチャレンジしてみるっす

2009/02/12
(木) 21:19:53 | URL | あおむし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。