腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
芸事は厳し
俯瞰


夏と言えば、フェス。
すっかり定番になりましたな。
我輩も昨年に引き続き、行って来ました
オーガスタキャンプ2008in西武ドーム。
オフィス・オーガスタ所属の
メインミュージシャンが総出演する
7時間以上のイベントだから、
大波、小波、さざ波はあります。
聴衆のどよめき然り、
トイレへ売店へ向かう人の波然り。

それはまず、長澤 知之から起こった。
大型スクリーンで名前が紹介されたが、会場無反応。
そして御本人登場。お、大きな反応が!
トイレを目指すビイ~ッグムーブメント!

民族大移動中


前の座席のあんちゃんトリオが呟く。
「キッツイよなー」
斜め前の少年は、カップアイスの
蓋の裏をこそぎ落とすのに必死。

そんなわけで、オーガスタの見所は
芸事の厳しさを目のあたりにする、
トイレ行脚だったりする。
出演者をクールに見極め、
如実に人が動き、そして大行列となるので、
今年は女性ファンが多いスキマスイッチ登場時を狙う。
全力少年がながれる中、トイレの流れが早い早い。

トイレ行列

★これで、かなり短い方。
 とはいえ、個室に入るまでに25分かかった★

杏子の時も、残念ながら
トイレ前は何十メートルも連なっていた。
しかし、杏子は見る価値あり。
去年も感心したことだが、彼女は舞台映えする。
大きな会場でスターは点になるため、
意外と印象は薄くなるのだが、
ステージを隅々まで使いこなし、
クルクル回る杏子の動きは目立つ。
自然体系集団であるオフィス・オーガスタのミュージシャン中で、
劇団系と言ってもいい。
さらに、MCがこなれている。
ひたすら、「来てくれてありがとう」を連呼する
善良で不器用なMCが多いなか、一人際立つ。
残念ながら、バービーの時のように、
ヒット曲はないんだけどね。
けれど、彼女がフレーズと振り付けを聴衆に教示すると、
初めて聴く曲なのに、みんなノリノリになる。
その、一体感をつくりだすエンタメ技術。
そっか、杏子はお祭り番長なんだ。
ヒトには役割があることを再確認。

さて、今年のコンセプトは、COILデビュー十周年だった。
コイル:
昨年、生理的に厳しいヘビーな音を掻き鳴らし、
耳を塞いで身を守る聴衆を続出させた二人組。
メインステージの合間に、様々なミュージシャンが
彼らの曲をカバーするのだが、全く知らない曲ばかり。
その、“らしく”ない曲調と歌詞が、
逆にミュージシャンの個性を際立たせている気がして
おもしろかったけど。
作曲やプロデュース活動も多いみたい。
確かに、いい曲書いてるわ。

ちなみに、先述の長澤 知之。
歌い終わると淋しそうに、
「失礼しました」と言って、ステージを去りかけ、
何を思ったかアリーナ最前列に何か投げ、
そして届かなかった。
ステージの合間にDJブースでインタビューがあるのだが、
(今年はDJ DRAGONとクリス智子)
ドラゴンから
「普段ライブのイメージがあるから、
 空気感が変わって新鮮でした」
と無理あるコメントを引き出させ、
「こういう大きなステージでやるのは
 どんな感じなんですか?」
という質問に、
「あーそうっすねー、
 単純に(会場が)大きいので、
 音がこーなって、そんな感じがいいっすね」
と不思議君ぶりを発揮。
そのちぐはぐな生きざま、嫌いじゃないっす。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おー、おぬしも夏フェスに行くのね!!
シカオさんもいましたか?

ミクシにアリスネタ書いたから、絡んで~☆
本日、アリスで衝撃の事件が!!
続きはWEBで。
2008/07/30
(水) 23:46:36 | URL | Nao #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。