腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ボーゲンを信じろ!
ゲレンデ


ひと雨ごとに暖かさ増す春の最中になんですが、
スキーの話をさせてくだされ。
3月上旬、テニス仲間と福島県は裏磐梯、
グランデコスキー場に行ってきたのですよ。
いまだテニス合宿は実現してないんだけどね、
何故か、スキー合宿と相成りました。

相方と我輩は、古風にスキー。
他のメンバーは、イマドキなスノボ。
何故かって?
相方はともかく、我輩はもう
スキーしか体が許してくれないのさ。

スノボというオシャレスポーツを友人に習ったのは、
船橋にあった屋内スキー上ザウスが
間もなく閉館ってときだった。
多少なりとも何かを掴みかけ、天狗になった途端、
大クラッシュして腰を強打。
友人に抱えられ、場内から退散した。
周囲の目撃者が呆気にとられるほどの
飛びっぷりだったという。
星が見えたよ、ホント。(☆ 。☆)

腰に爆弾を抱えているもんでね、
クラッシュ厳禁なんです。
そこで、いくらコケても後方にブッ飛ばない
スキーを選択したというわけ。

念には念を。
カービングスキーをチョロッと試した経験はあるものの、
これはきちんとプロに見てもらうべ。
というわけで、スキー教室を受講。
メンバーが上級コースへと向かうリフトの真下で
小学校低学年のガキンチョ2人と一緒に
コケる練習から始めました。
こいつらがtoo shy shy boy & girlでね、
反応が薄い。元気がない。
我輩ひとりで「行きま~す!」
とかいって盛り上げてた。

こうして基本中の基本を2時間学んだ後、
いよいよ上へ!

グランデコの初心者コースは、かなり山の上から
驚くほどのなだらかさで降りてこれるため、
初心者に配慮したつくりが有り難い。
2日目のラスト滑走では、一人で一度もこけず、
降り切ることができました。

とはいっても、キュッキュとS字を描くなぞ皆無。
メンバーがオシャレに滑走するなか、
ただひたすら、V字のボーゲンスタイルで直滑降。
もうほとんど、修行。

スティックには頼るなとばかりに両脇に挟み、
ケツをチョイと落としたドスコイ下半身。
安定にもほどがあるぞ!
コーチに教わった通り、下は向かない。
常に前方を見つめながら、一人呟く。

いいか!下を向くな!
恐怖感が増すだけだ!何の得にもならんぞ!
前を見ろ!ホラ!ひたすら前を見つめるんだ!
スピードが怖いだ?
ボーゲンを信じろ!己を信じろ!
大丈夫!絶対に止まれる!

おまえならできる!!
オレナラデキル!!
おまえならやれる!!
オレナラヤレル!!

中級者には笑ってしまうくらい緩い斜面を
イタリアの種馬ロッキーバルモア並に自らを鼓舞し
埼玉のメス豚、コメ助疾走。
馬鹿のひとつ覚えのようにV字をキープするもんだから
腿っちの疲労感といったらそりゃあもう。
でも一番痛かったのは、足のひらだった。

横幅が広く、正方形みたいな足をしている我輩。
親指の付け根から小指の付け根にかけてが
ハードブーツに押しつけられ、数時間で悲鳴をあげた。
いつもの24.5ではなく、25に取り変えてみたものの
時すでに遅し。
激痛とスピードへの恐怖という
W感覚に耐えて滑る羽目になった。
次第に修行の様相を呈してきたのも、頷けるでしょ?

帰路につく直前、
メンバーみんなが休憩所に集結。
さあ、最後の滑りをしようか!
と盛り上がるなか、

「さて、いよいよ総決算だ。決着をつけるぞ。」

悲壮な決意を固めるヘタレひとり。

「完全に修行だな、こりゃ…。」

みんなに呆れられたコメ助でした。

足痛い

あ、あしが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スキー、好き(古)
我が輩、実は隠れスキーヤーですよ。といってももう7~8年はご無沙汰ですが…。

大学に入るまでは毎年家族で行ってました。
スキーは重労働ですよ、あなた。
車にスキー積んだり、リフトまでスキーを運んだり…。何だってあんなに重労働してまで滑らなきゃいかんのか…と、子どもの頃はホントに不思議だったよ。

だから自分のペースで滑るのが一番。林間コースをマッタリ滑ってくるのが好きです。
2008/04/23
(水) 18:54:57 | URL | まなみんぐ。 #-[ 編集]
to.まなみんぐ

あら、やっぱし。
憧れのザ・調律師は
youのコメンツだったのねん。

なーんだ、運動しないって割に、
毎年スキーやってたんだ。
ぢゃ、上手いね、きっと。
いーなー。
林間コースなんて、おいらには無理。
激突というか、
木に吸い込まれていきそう(笑)。
今度うち来たとき、
ファイナルファンタジーを弾いておくれ。
2008/04/23
(水) 21:08:51 | URL | コメ助 #-[ 編集]
そういやぁ、15年前…スキー上級者の先輩に連れられて行った初スキー。
頂上から転げまくり。それを1日繰り返し、帰る頃にはウェアーは切れているは全身打撲だわで、スキー場でなぜか交通事故にでも遭った人になっていた。
スキー教室で基礎をしっかり学ぶ。これ1番ね
2008/05/21
(水) 08:21:06 | URL | あおむし #-[ 編集]
to.あおむし

すげっ。
凄いよ、その根性!
まず頂上行っちゃうのが一番っていうけど、
恐怖に打ち勝つタフな精神の持ち主でないと無理。
その強さと行動力を僕も見習わなきゃ。
2008/05/21
(水) 10:44:18 | URL | コメ助 #-[ 編集]
は→わ…だわぁ。
誤字失礼
2008/05/21
(水) 19:00:12 | URL | あおむし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。