腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ごめんな、U3。
調律1


生まれて初めて、自分で調律をお願いした。
雪のちらつく、2月のことである。

今の住処は、「ピアノ可」という条件で決めた。
とはいえ“楽器の王様”ピアノである。
音がずば抜けてでかい。
決められた時間内で練習しているとはいえ、
弾いていると、いつか後ろから
サクッと殺られるんじゃないかと気が気でない。
あるいはミスタッチするたび、
切腹を迫られているようだ。

下手クソだから、というのもある。
けれど、世界の巨匠が弾いたとしても、
音が気に触る人はいるし、
クラシックに緊張してしまう人もいる。

しかも、部分練習ともなると、
本人すら気が狂いそうになるほどだから、
他人にはそりゃもう、騒音であろう。

そこで練習の大半は、ソフトペダルといって、
足元に3本あるうちの、真ん中のペダルを踏んで
コソッと練習していた。
踏むと、全体的にハンマーがずれ、
当たる弦の数が減るために、音が小さくなる仕組みである。
ところが、昨年秋ごろより調子が悪い。

足を離してもいいように、ペダルの左側には溝があるのだが、
そこにスライドして固定させると、全く効果がなくなってしまうのだ。
何度も何度も踏んで確かめて、ようやく響かなくなってから、
踏んだまま練習をしている始末。

こりゃ部品、資材の交換が必要かも。
あぁ、調律料金に加え、
どのくらい料金が跳ね上がってしまうのだろう。
そんな不安を抱きながら、ネットで見つけた
調律士さんに見積もりを取ってみた。
すると、調律料金だけで大丈夫でしょうとのこと。
料金も安かったので、お願いすることに。

うちのピアノは、ヤマハのU3G。
実家から持ってきた。
Uとはアップライトのこと。
縦型ピアノの中でも大きい部類で、重量もある。
ピアノ運送泣かせの奴なのだ。
実際、うちに運び入れる際、その重さ、でかさに加え、
玄関から入らず、裏に回ってサッシ窓から入れたため、
運送のあんちゃんは、
玄関前の植え込みの枝を折るほど苦労していた。

このU3G。調律士さん曰く、
とても質のいいピアノなんだって。
もう一回り小さいU1と合わせ、設計がうまくいった例だとか。
とはいえ、世界でもトップレベルの技術力を持つヤマハ。
どれをとっても、品質は安定しているんだそうだ。

これまで、小回りのきかぬ、愚鈍な奴と思ってた。
ごめんな、U3。
おまえ、凄いじゃん。

ソフトペダルは、調律開始直後に直ってしもた。
「はい、ソフトペダル直りましたよー」
コーヒーを淹れていた我輩。
「もうですか? はやっ!」
ちょいと緩んでいたネジを締めるくらいの作業らしい。

それからじっくり、3時間近くかけて、調律が始まった。
長年調律していなかったために
かなり低くなっていたピッチ。
ピアノ内部にあった調律記録票を見ると、
なんと、平成6年から調律していないことがわかった。
最後は、湿気を取るための乾燥剤を入れて終了。
食品に入れるシリカゲルの超巨大版みたいなやつで、
ピアノ専用。
ただ湿気を取るだけでなく、乾燥時には、逆に湿気を吐き出して
湿度を一定に保つ働きを持っている。

コーヒーブレイクしながら聞いた話。
ピアノの弦って、凄い力で引っ張られてるって知ってた?
1本につき80kgの張力がかかっており、それが230本。
「ダンプカーに砂利を満載したくらいの重さが、
ピアノにぶら下がっていると考えてください。」
とのこと。
ひゃあ。(゚o゚)

「かなりピッチを上げたので、
 (ピアノ自身が)びっくりすると思います。
 本当に馴染むまでは時間がかかりますよ。」

「どのくらいかかりますか?」

「ピアノは我々と違い、
 ゆったりしたペースで生きているんです。
 調律されたと気づくのに、半年くらい。
 完全に馴染むまでに、3年はかかるでしょうか。
 もちろん、普通に音は鳴りますよ。
 厳密に言えば、です。」

でかい。器、でかすぎるぞ。
このあくせくした現代において、
おまえはなんて大らかなのだ。

早速弾いてみる。
ほほぅ、すばらしい。
スカスカしていた高音域がクリアな音になっており、
全体に響きもスマートになった。
後は、我輩のピアノがもっとブリリアントであればいいのだが。

あぁ、ついでに腕と頭の中も調律して欲しいものだ。
緩んだネジの1本や2本はでてきそうな気がする。

調律士さんが帰ってまもなく、雪が降り始めた。
そんな寒さのなか、600Wのハロゲンヒーターしかない
ダイニングキッチンで、作業にあたってくれた調律師さん。
調律は体を使う作業。
温かすぎると逆に汗をかくんで丁度よいのだそう。
温かい言葉に、我が家の隙間風を忘れるひとときであった。

調律2

88個のハンマーアクションは壮観
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すてきな音色を聞かせてくれ!
またお宅様にお邪魔したいな~。
そんでもってピアノ聴きたい。
いや、聴き入りたい。

大量のギョーザ片手に行きますから!
2008/04/11
(金) 19:07:33 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
たしかに。
楽器も生き物なんだね。
調律士さんて、何か凄くカックイイ!!
音のエキスパートって感じが素敵☆

そういえばM社に戻ってから、ひとりアリス×3回しました。
もう顔なじみです。やっぱりあそこ、居心地良いわぁ。
言わないうちから「アイスティーで良いですか?」
って言われちゃいました(笑)
アリスLOVE☆
2008/04/12
(土) 02:04:07 | URL | Nao #-[ 編集]
to.ぬまりんこ

いやいや、
ダミ音しか鳴りませんがな、奥さん。
でも、また餃パやりたいねぇ。
あれからどんくらい経つのか。
そういや、やたらと顔の濃い、
ダテメガネかけた(かけさられた)奴が
いましたなー(笑)。
懐かしいなり。

to.Nao姐

音のエキスパート!
いいねーそのM社的表現(笑)。
それしても、ひとりアリスでっか。
youはもう、“アリスパート”ですな。
立派な常連です。
おいらも2、3回通えば
「カレーデスカ?」
と言われちゃうんだろうな。
2008/04/12
(土) 09:58:48 | URL | コメ助 #-[ 編集]
調律師…。ザ・憧れの職業。
昔、子どもの頃に調律師のおじちゃんが家に来て、ピアノの調律をしてくれたよ。

小さかったので何をやっているかさっぱり分からなかったが、とりあえず、調律している職人姿はカッコ良くて胸に焼き付いているよ。

そうなんだ、ソフトペダルを使っているんだね。ふーん、あのソフトペダル。(←ツウな感じ)

我が輩の実家にあるピアノは2代目なんだけど、ヘッドホンがつけられるタイプのやつだよ。あれ、便利だよ。

今はいろんなピアノが出てるよね、いろんな音が出るタイプとか、曲が内蔵されているタイプとか…。これは厳密に言うと電子ピアノなのかしらね。

そういや先日、のだめのドラマを見たら無性にピアノが弾きたくなって、楽譜買って弾いてみたよ。知っている曲じゃないと弾けないとおもったので、Final Fantasyの楽譜を買ってしまった我が輩…。どこまでもォタッキー…。
2008/04/15
(火) 22:42:21 | URL | ほほぅ~ #-[ 編集]
ピアノの乾燥剤はB型シリカゲルと言ってお煎餅などに入っているA型シリカゲルとは、ちょっとちがうのでR。 はは

2008/04/16
(水) 18:35:12 | URL | めいじん #-[ 編集]
to.めいじん

へぇ~A型、B型とあるとはねぇ。
食い意地がはっているせいか
巨大なシリカゲルが入ると
ピアノが羊羹に見える、
なんちって。
2008/04/23
(水) 22:33:30 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。