腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
全球凍結を知ってるかい?
昨年、NHKで全7回にわたって放送された
「地球大進化~46億年・人類への旅~」に釘付けだ。
文系・霊長類ヒト科ホモサピエンスの代表である
おいらだが、宇宙、自然科学が好きでね。
そんなおいらのために、
理系・霊長類ヒト科ホモサピエンスの代表である
元数学教師のおかんが、全放送を間髪入れず
録画するという離れ業をやってのけ、
おいらに贈呈。大いに感嘆している次第。

この番組は、いかにして地球が誕生し、
その後46億年を経た現在に至るまでに、
どんな風に生命が発生し、我々ヒトに進化したのかを、
最新の研究とCGを駆使した映像でまとめた贅沢な企画。
導き手として番組をしめる山崎 努が、
小気味いいリズムを作りだしている。
何かとお騒がせなNHKだが、
こういう流行に無関係な番組を、
潤沢な資金で制作している点はありがたい。

ここからは、番組の案内人、
山崎 努調でいきませう。

----------------------------

原始太陽系星雲の中で、
無数の微惑星が合体と衝突を繰り返しながら、
原始地球が誕生したのを午前0時とし、
今現在までを1年に換算したら、
人類が登場するのはいつだと思う?
おっどろいたね、ナント、
12月31日午後11時37分。
人類がこの世に現れて、
まだたったの23分しか経ってないんだ。
おいらの30年の人生なんて、
0.025秒。みっ短けぇ・・・。

地球は「母なる地球」なんていわれてるけど、
とんでもないぜ。
我々のご先祖さまが、目に見えない
ちっちゃなバクテリアだったころから、
過酷な試練を次々に与えてきた。

氷地獄、酸素不足、マグマ責め・・・。
でもさ、進化っちゅうのは、
そんな最悪の状態を耐えてこそ生まれるんだねぇ。

さて、本日のお題「全球凍結」。
英語名snowball。

「全球凍結」とは、地球全体が厚い氷で覆われること。
海も陸も、その厚さなんと1キロ以上。
22億年前と6億年前の2回あったとされる。
最近発表された学説で、
あくまで仮説なんだけどね。
今、全世界で注目されている。

おっと、氷河期と勘違いしていないかい?
マンモスが絶滅した時のさ。
それとこれは、全く規模が違う。
それに、マンモスが絶滅したのは数十万年前。
ものすごく最近のお話なんだ。

さて、とくに注目すべきは6億年前の全球凍結。
すべての生命を、絶滅寸前にまで追い詰めちまったの。

その直前まで、地球は暖かかった。
功労者はメタン菌。
このメタン、今問題となっている地球温暖化の原因、
二酸化炭素の、ナント20倍もの温室効果がある。

メタン菌がせっせとメタンガスを放出し、
暖かくなった海中に、光合成生物が増え、
これまたせっせと酸素を作りだす。
これって好循環だったんだけど、
やがて悪循環になっちゃった。
それが凍結の引き金になっちまう。

酸素が増えすぎちまったんだよ。
バランスが崩れたんだね。

酸素って奴は、メタンに反応しやすくって、
くっつくと無効化しちゃう。
それまで地球を暖かくしてたメタン菌が、
あれよあれよと消されちゃって、
地球はどんどん冷えていった。-50℃だって!

でもね、生命って凄いね。
ごくごくごくごくいち~ぶが生き残ってた。
地球が「ガリガリ君」状態になっても、
地球内部では火山活動があったため、
火口付近は温水プールのようになってたわけだ。
カッチンカチンの氷地獄の中、
ご先祖様は数百万年以上の長きに渡り、耐え忍んだ。

さあて、悪いことの後には良いことが起きる。
海面が凍結しているために、
本来は海にとけ込むはずの火山ガス中の
二酸化炭素が、大気中に溜まって温室効果を生み、
これまた数百万年かけて-50℃から+50℃へ気温が上昇。
一気に地球が溶け始めた。

この全球溶解の時、「ハイパー・ハイケーン」っていう、
風速300m(!)の超巨大ハリケーンが、
100mもの高波でもって地球を攪拌しちゃった。

シェイクシェイク!
凍ってた間に溜まりにたまった様々な栄養素が、
地上や海底にまんべんなくいきわたり、
地球生命は突如大型化を果たす。それはなぜか?

+50℃と高熱化したもんだから、
光合成生物が爆発的に増大。
それで、地球の酸素濃度がそれまでの20倍にもなったんだ。

酸素がたくさんあると可能なこと。
それは、コラーゲンの増殖。
そう、化粧品のCMでお馴染のコラーゲンだ。
人間の体のほとんどは、このコラーゲンでできている。
皮膚も骨も。
そんなコラーゲンの網の目の形状を利用して、
タンパク質が絡みつき、でっかくなれたって訳。
このころ、脊椎動物の祖先とみられる生物も誕生。
かくして、生物の進化は加速度的に進んでいった。

だって、それまで微生物だったご先祖さまが、
体長6cm―10万倍の大きさになっちまったんだから。
10万倍だよ!
身長160cmの人なら、160kmだぜ!?

はっ、すんごいね。
偶然と必然の連続さね。

一生懸命生きようとする力が、
逆に自らの首をしめたという皮肉。
(この場合、酸素さんね)
よって、もたらされた壮絶な環境の変化が、
やがては進化を促す結果となる。
う~ん、残酷だがうまくできておる。

地球の内部で絶えずマントル対流がおき、
大陸が移動を繰り返している地球。
環境は常に変化し、楽園は長続きしない。
地震、津波、ハリケーン・・・。
今だってそうだ。
温暖化が叫ばれる今だって、進化の引き金なのかもよ?
もっとも、人類のほとんどが死に絶えて、
何百万年も経たないと形には現われないだろうけど。

毎日のように風呂に入り、
ジュース1本でビニール袋もらって
ティッシュを山のように使い、
賞味期限に怯え、食べ物を捨てる。

その瞬間、地球上では、
7億以上の人が満足な食事をすることができず、
うち、毎年1300万人から1800万人が餓死している。

あー。だからって、おいらに何ができる?
何をしなくちゃなんねぇの?
明日から、ろうそくの明かりで暮らすのかい?
都心まで歩いて通勤かい?
菜食主義者になれってか?

でも、このままでいいはずはない。
いや、これも必然なのかも。
んじゃ、おいらは
進化ノ、きっかけノ、要素ノ、
一つなのかな。

0.025秒が何を言うって?
・・・参ったネ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SF的な映画はまるでダメな私ですが、こういうネタは大好きです。(不思議だ…)
ホント、宇宙規模でモノを見ていると、私たちなんてチッポケな存在ですな。

いつかまた、地球がおかしくなって、数年前の日本の社会みたいな超氷河期がやってきたら、
私たちはひとたまりもありませんな。

宇宙時間で見たら私たちの一生なんて「アッ」という間だろうけれど、
それでも精一杯生きて行きたい。
生きた証である“何か”を後世に残すためにね。
2005/04/04
(月) 00:36:33 | URL | Nao #JvR7/Kzc[ 編集]
ふー
いやー、今回は長かったねぇ、力作ですな!!!
そう考えると、ホント「戦争」なんてくだらないものだよねぇ。
昨日日曜洋画劇場の「トータルフィアーズ」を見たから、なおさらそう思うよ。
2005/04/04
(月) 11:06:08 | URL | さなえサピエンス #w5/Y12yU[ 編集]
バリバリ文系な僕ですが、「ニュートン」という科学雑誌を立ち読みするのは大好きなんです。

全球凍結という話は初めて聞いたけど、宇宙には氷の惑星なんていっぱいあるんだろうし、地球がかつてそうだったとしても全然不思議じゃないですな。

ちなみに原子そのものにも寿命があるとかないとか。ってことは永遠の命っていうのはありえないし、どんだけ種族として進化しても、いつかは滅びちゃうわけですよねー。

そう考えると、進化ってなんのためにあるんだろうか。謎です。
2005/04/04
(月) 19:49:01 | URL | chikuden #-[ 編集]
感動した!
>温暖化が叫ばれる今だって、進化の引き金なのかもよ?
なるほどね、そういう考え方もあったのね。
あなたの知識の凄さに、私、圧倒されましたわ。

昔、手塚治虫の「火の鳥」を始めて読んだとき、人間が絶滅した後にカタツムリが進化したって話があって、ホントにちょっとしたボタンの掛け違い見たいなのがあったら、どの生物が高度な進化を遂げてもおかしくないなあと思った記憶がある。
小さかったから読んだときすごく怖くて、夜眠れなかったのも付け加えておこう。
2005/04/05
(火) 14:21:09 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
Nao姐さんへ

宇宙のロマンを心に秘めながら、何故SFは駄目なのかい?ふぎしフギシ。

そんなアナタには、ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」がお勧め。

ブラックホールの反対、ホワイトホールを使って、宇宙空間を移動することを試みるんだけど、学説に基づいたものなんだって。

宗教と科学の共通点を探るというテーマを合わせもっていて、なかなか骨太なストーリーだよ。
日本の描き方が変だけど。

---------------------------
さなえサピエンスへ

そうなのさ、おいらも同感なのさ。
でね、考えてみた。

動物は「戦争」するのかな?
でもさ、弱肉強食の世界だから、人間よりよっぽど厳しいんだよね。

じゃぁ、
人間は自分の子供を殺すけど、動物は?
これもさ、像は生まれたばかりの自分の赤ん坊を殺そうとするらしい。
妊娠期間が2年くらいあるから、イライラしちゃうみたい。
周りが止めに入るんだって。
だから、集団で生活してるそうだ。

う~ん。してみると、動物が絶対しないことって・・・。
あっ「自殺」だ。
やっぱ、ヒトってヘンテコな生き物だよね。

--------------------------
chikudenへ

そっかー。原子にも寿命があるんかい。永遠なんてものはないんだな。

宇宙には果てがあって、日々ものすごいスピードで膨張してるんだって。
だから、端っこがぐんぐん遠ざかっているんだけど、話がデカすぎてピンとこん。
でも、あの広大な宇宙だって、いつかはなくなるんだろうな。
で、またビッグバン?

あるのは、「永遠」じゃなくて、「継続」なのかな。

全ては連鎖していくのかな。
----------------------------
感動した!嬢へ

あがりとー。そういってもらえるとうれぴょんなりね。

「ボタンの掛け違い」か。
上手いことをいいよる。

ホント、地球が太陽から3番目の位置にあって、今の大きさになって・・・。
とにかく、全てが丁度良いんだよね。
ちょっとしたことの連続がこうなったんだろうけど、不思議だよね。

だからさ、うちらは「生きてる」んじゃなくて、「生かされてる」のかも。
この地球に生まれてくるチャンスって、志願できないんだもんね。
2005/04/06
(水) 14:20:11 | URL | 担々麺には米! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。