腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
枕意識過剰~コメ助の“MOTTAINAI”リメイク~
20070928150352.jpg

★今年予想外な活躍を見せた「首当て」★

------------
我輩の趣味は、リメイクなり。
けど、そのほとんどは“妄想”ソーイング。
布を最後まで使いきる昔の暮らしに憧れつつも、
辛抱強さとキメ細かさが欠如した我輩には
まぁーーームリッ。

でも。

着なくなった服は廃品回収がベター。
チョイと手を加えて使えばベスト。

だもんね。

ミシンはないので、手縫い。
型紙なんてクソくらえ。
そんなコメ助のズボラリメイクエッセイを
時々お届けるするなりけれども。
-----------

多かれ少なかれ、人は寝ている時、
首から放熱して体温を調節しているらしい。

旦那を見ていると、リアルにその仕組みがわかる。
夏場、首から上が局地的な豪雨に見舞われるのだ。

汗雨はやがて枕カバーを通過し、
枕本体に甚大な被害を及ぼす。
今夏、対策委員会を発足させた。

まず、枕本体は無印良品の洗えるタイプにした。
それを、中枕カバーで包む。
そこに、麻の枕カバーをかぶせ、
さらにその上から、ガーゼ素材のバスタオルを巻く
という重装備。

20071001234515.jpg

↑↑↑ ↑↑↑
ちなみに、この中枕カバー、
外から見えないのをいいことに、
着なくなったシャツ類を使って作ったもの。
襟を切り落としてもいいが、
ユーモラスなので、そのままにしている。

20071001234500.jpg

↑↑↑ ↑↑↑
袖の接合部分にはロックミシンがかかっている。
あえてそこを残して袖を切り落とすことで、
ほつれない。
あとは、手縫いで返しながら、ざくざく閉じるだけ。

しかーし。
浸透物体が増えただけのことだった(笑)。
どうぞ吸ってくださいと言わんばかりに
手を差し込むと、枕本体までしっとり。

そこで、機動隊ばりに“盾”を用意。
着古したニットのボーダーを使って
首当てを作った。

20071001235655.jpg

↑↑↑ ↑↑↑
袖部分を切って、内側に2つ折りして
刺繍糸でぐしぐし直線縫い。
縫いとめつつ、ポイントにもなるってわけ。
型紙もミシンもいらないからあっちゅう間。

20071001235642.jpg

↑↑↑ ↑↑↑
ほつれ止めのため、やはりこれも、
ロックミシンの部分をあえて残す。

使ってみたら、これがなかなかいい。
ニットだし、2つ折りにしてるもんだから、
大いに汗を吸ってくれ、
おかげで2次災害は免れた。

Tシャツは、色違いでもう2枚持っていたので、
勢いそれも、首当てに。
というわけで、計3枚をとっかえひっかえ。
今年の夏大活躍したトリオでした。

20070928150443.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リメイクですか~。
洋服も捨てられれば成仏できんもんな~(恐?)そのうち彩華が着られなくなった洋服を少しずつ繋ぎ「何か」を作ってみたいもんだが、切り刻むってのもなかなか勇気のいる作業だったりするのよ。
またリメイくん見せてね~。
2007/10/06
(土) 01:41:37 | URL | あおどん #-[ 編集]
お!来たな、あおし。
初露出(笑)コメンツサンクス!
そうそう、切るって結構勇気いるよね。
キルトなんてさ、小さくして繋げるから様になるわけで、大きいままズンズン繋げてお洒落感が出せるか疑問。で、“いつかのキルト用”布が積み重なっていく。

あーでも、こんな地味なリメイクネタで食いついてくれて嬉しいよ。今度飲みながら裁縫の会でもしてみよっか?
たぶん針とはさみで血だらけになるだろーな…。
2007/10/06
(土) 11:49:22 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。