腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Aチームに入団したい
俺たちは、
道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、
頼りになる、神出鬼没の
『特攻野郎Aチーム』!
助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!


さよなら×3で有名な
淀川長治先生大絶賛だったという
上物B級作品。
80年代に話題になったドラマで、
小さい頃に見てたらしく、記憶の断片がある。
いま、何気なく放送されてるのさ。

5月から自営業者になり、
家で仕事することが多い。
取材で外へ出た後は、
缶詰ならぬ、真空パック状態になり
外界とは遮断される。
頭からは湯気が出る。
脳みそが粉ふきイモになってきたときにこそ、
Aチームが必要だ。

8月13日から、テレ東で、
第3シリーズが放映されている。
<毎週(月)~(水)12:30~>
この時間帯に一体誰が見るんだ!?
DVD録画ができる時代とはいえ、
マッピルマからAチームに首ったけな奴なんて
あんましいないよなー。
いつまでおいらの心の隙間を埋めてくれるのか。
打ち切りはゴメンだぜ。

水戸黄門系痛快アクション。
吹き替え好きにはたまらない、
羽佐間道夫さんの軽快な語り口が心地いい。
リーダーのジョン・スミス大佐(通称ハンニバル)の
飄々としたセリフ。
「ボスに伝えてチョーダイ。引退しろっテネ。」
なんて、ホントにそんなニュアンスなのかなぁ。
母国語ではどんな感じなんだろ。

毎回見れるわけではないが、
これまで見てきて法則がわかった。
あと、ファンサイトを見てわかったこと。

①敵を殺せばいいところで、殺さない
②そもそも、人が死なない
(シリーズ中、人が殺されたのは数回程度らしい)
③必ず美人がいる
④コングは飛行機が嫌いだ
(いろんな方法で“眠らされて”連れていかれる)
⑤DIYショウがある。

とにかく、最後のお楽しみまで引っ張るために
手ぬるく進んでいく。そこが、イイ。
バコバコ撃っているのに、何故か外す腕前にも
人情を感じてしまう。

とくに、⑤に目が釘付け。
必ず、手作りシーンがあるのだ。
その場にあるあり合わせのもので、
武器とかダミー空間を作ってしまう。
(戦車とか大砲とかニセレストランとか)
ドライバーや電ノコやボルトやナットなんかを
鮮やかに扱う手元アップの連続に、
工作好きとしてはえらく興奮する。

えっ?最初っから近代兵器で戦えって?
コメ助、彼らを武装集団とは思うちょりません。
職人集団なのです、彼らは。
その粋な仕事ぶりに、いつも感動なのです。

テーテテッテー テッテーテー♪
オチが来て、これが流れると
なんだかすこーし元気が出てくるのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ワタシも大好き!
小学生のときにハマッてたな~!
懐かしい。
テレ東でやっていたのはうすうす知っていたけれど、月曜から水曜までなんだね。
あの時間のテレ東はシブイ映画とかやっているよね。
髪の毛がライオンみたいで頬骨にやけにチークが塗られているメヒョウみたいな女がいっぱい出てくるの。
みんなもれなく肩パット入り。
時代を感じるわぁ~。
2007/09/19
(水) 10:29:43 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
そうそう!
チーク肩パットのメヒョウ(笑)!
でもさ、ファッションはめぐりめぐるのに、コングの奇抜さだけは、いつの時代も新鮮なんだろうな。あの巻きすぎにもほどがある鎖は、お洒落すぎて眩暈がしそう。
2007/09/20
(木) 12:32:39 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。