腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
パキ、『かもめ食堂』良かったよ。
仙台で日々開発に没頭中の後輩、パキ博士が
かもめ食堂』に触発されて旨そうな料理作ったそうな。

--------------------

パキの日記より~

かもめ食堂の中で、
『コーヒーは他人に入れてもらった方が美味しいんだ』
という台詞が出てきます。
コーヒーは確かに他人が入れたら
おいしく感じる気がしますね。
料理は自分が作ろうが、他人が作ろうが、
一緒に食べる相手(彼女や友達)がいることで、
味は変わりますね。

良かったら、かごめ食堂の感想聞かせてください。

--------------------

で、早速おいらも鑑賞。

--------------------

おにぎりは、他人に握ってもらった方が美味しい
というセリフに、実家を思い出した。

我輩の実家は変わっていてね、
あんまし家族で食卓を囲まない家だったんだ。
母ちゃんのライフスタイルが変わっててさ、
食事の支度をしながらの味見でお腹一杯になってしまうらしく、
自分は絶対に食卓に着かない。

家族がテーブルを囲む方が不気味。
正月なんて、だから不安になるんだ。

作り置きを一人で食べるという気楽な食風景は
我輩の性に合っていたらしく、
全然淋しいと思ったことはない。
けどそれってさ、
いつも家に母ちゃんがいたからでねぇかな。
作り手の顔が丸見えのもん食って、家族の気配感じて、
すくすく育ったってとこだね。
改めて、母ちゃんに感謝です。

ま、ちょいと育ち過ぎて、
一時期ははちきれそうになってたが。

--------------------

もう一つ染みた言葉。
小林聡美が合気道の基本動作をするシーンで
大切なのは体の真ん中』と言う。
暮らしの真ん中にあるのは、
やっぱり食べることなんだよね。
食をおろそかにしたり、興味がない人を見ると、
大盛り意識過剰な我輩としては、
羨ましいと同時に、哀しい。

食べることに、
文化・習慣・趣味・嗜好、美学・哲学・悪癖に至るまで、
何でもかんでも総動員。
それが、人間らしさなのだと思うから。

ちゃんちゃんと、生きていく清々しさを感じました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は相変わらず不規則な生活をしています。(仕事の時間が遅いからな。泣)最近、「ちゃんと生きている」・・と言えない気がして情けないです。
だらだらしてちゃいけない!と言うことで、私もテニスをして来たよ~久々で・・悲しい結果となりましたが。笑
2007/02/22
(木) 21:51:25 | URL | saki #-[ 編集]
to sakiっぺ

そっかー、仕事の時間遅いのかー。
よーくわかるよ。
朝起きられないだけで、「人間失格」
な気持ちになってくるんだよなぁ。
そうそう。
今度テニスしたくなったら、
うちらのコートに来てよ!
みんないい奴らだからさ。
2007/02/23
(金) 11:08:56 | URL | コメ助 #-[ 編集]
感想ありがとうございまーす!
かもめ食堂の感想をブログに綴ってくれて嬉しいです。

やっぱり食事って大事ですね。

この映画は何気ない台詞に奥深いものがあって、
かなり気に入ってます。
DVD買おうか本気で迷ってます。

この映画で一番心に残ったセリフは、
『人はみな、変わっていくものですから』
『いい感じに変わっていくといいですね』

変わることを恐れないで、起こることすべてに
受け入れる気持ちを持ってどーんと構えておくこと。
どういう方向に人生が転がったとしても、
悔やまず、恨まず、変化を受け入れ、
自分らしく凛として精一杯生きることの
大切さを学んだ気がします。

特に大きな出来事は起きないけれど、
ごくごく平凡な日常こそ実は一番
幸せなものなのかもしれません。

そうそう、パスコのCMにかもめ食堂が登場してますよ。
http://www.pasconet.co.jp/chojuku/cm_preview.html

2007/02/25
(日) 15:55:52 | URL | パキ #-[ 編集]
to.パキ

そうだね。
“環境”は以外にも早く変わっていくもんな。
でもさ、“人”は結構頑固で、なかなか変わらないと思う。
三つ子の魂じゃないけど、自分の殻を破るのは難しい。

器のデカイ人間になりたい!と思いつつ、
相変わらず、もがいたり、苦しんだり、
ねたんだり、卑屈になったりして足掻いております。
あぁ、ミットモナイ。

何事も、サラっと受け止めることができたら、
どんなにか楽だろう。
2007/02/26
(月) 11:16:40 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。