腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
オカンを連れ出せ!~銀山温泉旅行作戦記・いきさつ編~
この週末、母と兄姉3人で家族旅行した。
オヤヂは行けず。
友人・知人・趣味・活動がてん盛りで、
予定を合わせるのが難しい人なのだ。
(おいおい、芸能人じゃあるめぇし)
家族で行動を共にするのはいつ以来だろう。

さて、今回の旅の主旨は、
“オカンを外に連れ出すこと”
これに尽きる。

自分の中で全てが完結・調和している母。
ゆるぎない価値観を持った、孤高の人である。
外泊は好まない。
ライフスタイルが乱れるからだ。
数キロ先の町まで自転車を漕ぐ
フットワークの軽さは持っているのだが。

ときどき呟く。
「いいわねぇ、アンタたちは色んなとこ行って。
 お母さんなんて、どこも行ったことないよ」

これまで父は、何度か誘ったらしい。
が、きっぱり断られてしまうので、
とうの昔に匙を投げたそう。
そんな折、母の心中には
“少しの好奇心と、多くの煩わしさ”
が混在しているのかもしれない。

70に手が届こうという母。
“孝行したいときに親はなし”
このフレーズを地で行くことになりかねないので、
いよいよ、アニキが立ち上がった。
実家に行って、旅行の提案をすると、
案の定、母は嫌がったという。
アニキはそこで食い下がる。

「おかあさん、オレ、おかあさんが
 『行く』って言ってくれるまで、帰んないよ。
 今日はそのために来たんだから」

カッコイイゼ、ヤニキ。
あんた、キラキラしてるよ。
眩しすぎて見えないよ。
(現場に居たわけじゃないけど)

いざ行くとなると、
伊豆や箱根など近場ではパッとしない。
でも、遠すぎても嫌。
と、欲が出てきた母。
あれだけ嫌がってたくせに(笑)。
結局、通好みの東北地方に的を絞り、
渋さ際立つ、山形県は銀山温泉に決定した。

と、いう訳で…。
土曜の朝、上野駅「三相の像」前に一家大集合!
旅は、ここから始まった―。 (続く)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わくわくするわ~~
コメ助のブログ、ほんっとに面白いよね~!
次も何かハプニンッがありそうで楽しみだわ。
更新よろぴく!
2006/07/05
(水) 00:11:27 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
ぬまりんこさんと同意見!ほんとに面白いです!いつも楽しみにしております(時々しか見ないですが)。後半の旅日記を早くアップしてください。
更新ぴくよろ!
2006/07/11
(火) 16:37:50 | URL | ドッツ親善大使 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。