腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヒッ!火!!
20060620171035.jpg



「給湯パネルよーし、コーヒーメーカーよーし、ガスコンロよーし。」

出掛ける前は必ず、火の元の指差し確認を怠らない。
でもね、家にいるときの方がヤバイ。
ゴムの伸びたスウェット着てダラァ~としてっと、
気もゆるみ、隙ができる。

こないだ風邪を引いて寝込んだ日のこと。
土鍋に残ってた昨日の残りの鍋を温めて食べ、
フラフラと2階の寝床へ退散。
時間を持て余し気味だもんで、手近にあった映画を鑑賞。
エンディングロ-ルが流れている最中だった。

(下で物音がしたような)

普段なら絶対そんな程度で降りないのだが、
なんだかしらん、階段を降りていた。
何の気なしにダイニングを見て驚く。

(火!!!)

青い炎がチラチラしてる。
周囲に漂う鍋汁の煮詰まった強烈な匂いと、焦げくささ。
慌てて火を止めアワアワ。

4~5人前用の鍋に、たっぷり半分はあった汁が、
ブルドック中濃ソースのようにこびり付いている。
弱火で3時間以上煮込んでいたらしい。
あと少しで蒸発する汁がなくなり、鍋底が割れるとこだった。
アブナイアブナイ…。

でも、あの時なんで下に降りたのだろう?
ご先祖様が教えてくれたのか。

後日、会社の仲間、もっちゃんからこんな話を聞いた。
彼女のお姉ちゃんが先日、アワヤ大火事!
という事態に遭遇したという。
お風呂場の乾燥機能に、業者の配線ミスで不具合がおき、
天井まで勢いよく燃えるほど、火が出てしまったのだ。
お姉ちゃん夫妻は、なんとその真上の部屋で寝ていたのだが、
「パンッ」という物音がして、起きたらしい。
気のせいかと再び眠ろうとしたら、
死んだおじいちゃんの声が聞こえたんだって。

(気になるなら、見に行ったほうがいい)

おかげで燃え盛る炎を発見。すぐに通報できた。
自分たちも手近のバケツを使い、
天井に向かって水を放り投げ、無事鎮火。
顔はススだらけ、髪はチリチリで、
お姉ちゃん曰く「まるでドリフ」だったらしい。

その事件の後すぐ、もっちゃんの実家では、
仏壇を開け、感謝の祈りを捧げたとか。

うーん。
もう何十年もおばあちゃんの墓参りに行ってない。
呼んでるのかな?
そろそろ行かないと…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひょっとして!!
”もっちゃん”のおねーさんチってhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060622-00000095-mai-soci
これじゃない??
リコール対象!
2006/06/22
(木) 21:22:21 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
TO.ヌマッチ諜報員

ソチのリサーチ能力にいたく感服。
いま、もっちゃんに伝えたら、
驚いて、早速お姉ちゃんにメール。
情報が入り次第、追って連絡ス。
(なお、このコメントは、自動的に爆発しない)
2006/06/23
(金) 18:44:05 | URL | コメ助 #-[ 編集]
記憶喪失
あたしゃ最近、歳のせいかボケちまってねぇ。
物忘れが激しいんですよ。
先日実家に帰った時も、実家に向かう電車の中で
「あれ?ガスの火消したっけ?」なんてドキドキ。
とりあえず翌日ニュースになってなくてホッって感じなんですわ。
もう嫌になっちゃうわねー。
2006/06/27
(火) 01:22:31 | URL | Nao #JvR7/Kzc[ 編集]
TO.Nao姐

あっらマ、奥様。あったしもなのよぉ(笑)。
わかるわかる。
おいらなんて、ガスコンロを
超弱火でつけたまま寝ちまって、
朝気づいたことがあった。
幸い、鍋がのってなくて、周りに燃えるものがなかったからよかったものの。
それ以来、出先で
「コーヒーメーカーちゃんと切ったっけ?」
とかなんとか、気になってしかたない。
ほんと、嫌になっちまうねぇ。
2006/06/27
(火) 18:43:11 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。