腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アフリカへ毛布をおくる
20060516115339.jpg

■□■奇抜な配色になってもうた・・・■□■

黄金週間締めくくりイヴェンツ(発音注意)は何だったかい?
我輩は、アフリカへ毛布を送ることだった。
正確に言うと、『アフリカへ毛布をおくる運動』に参加。

アフリカの、特に貧困が激しい地域に毛布を配布する運動で、
21年前から断続的に行なわれている。
以前チラッと聞いたとき、こう疑問に思ったことを覚えてる。
「なんで熱いアフリカで毛布なんだろう?」

“寒さから身を守る”ことが、一番大きなニーズなんだって。
昼夜の寒暖の差が激しく、また栄養不足のため、
寒さに耐える体力が低下してしまうらしい。
これまでに349万枚が配られたが、まだまだ足りないそう。

配布する際、手渡しではなく、
肩から包むようにかけられる姿が印象深い。
そんな活動の様子を情報番組で知り、クソ思いケツをあげた。
いやナニ、捨てようと思ってた毛布があったもんでね。

安物のフリース素材なので、やたらめったら毛玉がつく。
来シーズンは新しいのを買おうと思っていたのだ。
洗濯して、プチプチバリバリ毛玉取り。
これが意外と大変。
ガムテも使うが、やっぱ人間の指には適わない。
ムキになってむしった。

先進国の贅沢おんなが、また散財しようって訳。
どーせ捨てるなら使ってもらおうって、思い上がってる次第。
偽善めいてますよ、ハイ。
でもね、我輩の自己満足で誰かが暖を取れるなら、
結果オーライではないかと。

毛布にメッセージを添えると喜ばれるってんで、
『Praying for peace』(平和を祈ります)
って使い古しのハンカチにマジックに書いて、縫いつけた。
参加方法欄に書いてあった例文丸写しなんだけどね。

これを、日本通運の国際貨物センター(大黒埠頭)に送る。
後日、別途アフリカへの輸送費として、900円を振り込んだ。
6月7日倉庫必着分まで受付けてるから、
興味と要らない毛布があったら参加してみてくだはい。

本当は屈折してるくせに、
時折“いい人”気取りのコメ助でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボランティーア!
えらいな~、チミは。
わしなんぞ、そんな余裕があったとしても「めんどくさい」で終わらせがち。
いかんな、これだから世界平和がなかなか実現しないのだな。
2006/05/16
(火) 12:57:25 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
わしとて、メンドクサイことだらけ。
きっと、局部的にあんまりクズなんで、どっかでバランス取るつもりでやったんだと思う。
こんな地味なネタに、コメントくれてありがとね。


2006/05/22
(月) 17:33:28 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。