腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
米助、北海道初上陸~函館編(其の二)~
★暑くないのか!?キャンディ★

20050831002057.jpg

金森赤レンガ倉庫の側にあるガラス工房
「ザ・グラススタジオイン函館」で
ビアグラスの吹き体験をする。

体験と言っても陶芸とは違い、自分でできることは少ない。
本当に空気を入れるだけ。
体験というより、体感。

熱く、重く、繊細なガラス溶液を、
職人さんが手際よく形作ってゆく。
その横で、言われるがまま空気を吹き込み、
促されるまま軍手をはめ、
鉄の短棒片手に所定の位置で待ち構える我輩。

助手のお姉さんが垂らしてくれた飴状のガラスを
取っ手になるよう、何度も丸みに沿ってなぞる。

ガラスは熱い。そして、工房も暑い。
炉の側にいると焦げてしまいそう。米助の丸焼きだ。
(誰だ?今おいしそうと思ったヤツ)

そんな工房で、寝そべっている毛むくじらのツワモノ1匹。
名前はキャンディ。
たぶん、ゴールデンレトリーバーだ。

20050831002045.jpg

「暑くないんですかねぇ?」
ってご主人に聞いたら、
「犬に聞かなきゃわかんないけど、暑いんじゃない?」
とのこと(ごもっとも)。

自分が製作・・・いや、携わったグラスで一杯やりながら、
キャンディを思い出す。
人懐っこくて、健気で、可愛いヤツだったな。

20050831002520.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
旅の思ひ出
最近、旅行に行くと必ずする、旅の定番がある。
それは「思い出作り」。
旅行そのものが思い出ではありますが、モノが一緒にくっつくと、よりリアルに思い出も甦るというわけです。

一例として、手作りろうそく、ガラス加工(サンドブラスト)、染物などがあります。

作ったグラスで一杯・・・。
おつなもんですよね~!
2005/09/05
(月) 19:01:08 | URL | ぬまりんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。