腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
米助、北海道初上陸~函館編(其の一)~
20050827030636.jpg
●金森赤レンガ倉庫と、立松和平を気取る我輩●

★情緒ある街並みをじっくり堪能★
函館に2泊する。
ペリー来航後に開港された港町だけあって、
洋風建築が多い。
ただ散歩するだけでも、洋と和の要素が混ざり合う、
ユニークな建築方式が眺められて楽しかった。

とくに金森赤レンガ倉庫とその周辺を歩いていると、
明治時代からの古い家屋で営業している店に出くわす。
散策するのに丁度いいのだ。

レンガ倉庫自体は装飾過多で、
内観はどこぞの駅ビルのような光景。
だが、裏通りはトラックが行き来し、
木箱が乱雑に折り重なり、
現在でも倉庫として機能している。
昔を連想させるようでおもしろい。

★雑貨屋巡りもまた楽し★
ぼってりとした陶器や粋な柄の布製品に惹かれ、
1件の雑貨屋
「WA風Zakkaいろは」に入る。

ここで、地元の陶芸作家が作った
小っちゃな足のついた小皿を購入。
手書きの説明書がついている。
なになに、使う前にまず米のとぎ汁で煮るとな。
(お店の人曰く、
ごはん粒と一緒に煮てもいいらしい)

20050827030644.jpg
●時折ものすごい泡を吹くのでビビる●

帰宅して早速コトコト。
火加減が強すぎたのか、2つのうち1つ、
緑のうわぐすりがかかっている方に、
細かいヒビが目立つ。
最初からそうだったのか、
失敗してそうなったのか・・・。

定かではないが、
使っていて不都合は感じないので、
これも味としよう。

20050827030656.jpg
●帰りの荷物は鉛のよう。食器やらグラスやら、ちと買いすぎ●
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。