腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
米助、北海道初上陸~五稜郭・大沼編(其の三)~



★ツールドフランスじゃあるめぇし★

五稜郭より初日の宿泊先「大沼プリンスホテル」に向かう。
ゴルフコースの中にあるこのホテルは、
サイクリングコースを有している。
荷物を置いて早々、早速自転車をレンタルし、
「大沼公園を目指そうぜ!」
と意気込んで出発。
ホテルボーイが手渡してくれた地図にも、敷地内の案内板にも、
大沼公園が載っていないことに、何故このとき気付かなかったのか・・・。

「キッモチイィ~」
ホテルの敷地を出て、主要道路を下りながら風を切る我々。
調子に乗って漕いでいると、
「大沼公園まで3、5km」の看板。
だんだん不安になってきた。
「山道で3、5キロォ?それってぇ・・・(名古屋のM氏風)」。

そう。
帰り道は、ただひたすら登り坂を漕ぐ羽目になるということ。
10年前なら行ったかもしれない。
しかし、知恵をつけ、賢くなり、かつ老いた30女2人。
「ひっ引き返そうか・・・」

一瞬で下った坂道も、行きはヨイヨイ帰りは辛い。
「ぢぎしょー」
空気が抜け気味のタイヤを軋ませ、
夕刻の大沼をアホ2人、ムキになって登っていく。

疲れた・・・。
でも、汗だくの体に温泉が心地よかったなりよ。

20050820120119.jpg

●大沼湖には翌日行った●
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。道南に行かれたんですね。
空がキレイそうですが、夜空を見上げたりしませんでしたか?

旅行先で日が暮れる頃には
何かとおいしいものを出されるもんで、
ぼくはつい酒を飲んでしまいます。
おかげで、なかなかシラフで星空を眺める状況になりません。
別に酔っ払って眺めてもいいのですが、やれ喉が渇いた、
やれオシッコがしたくなったという具合になり、
落ち着いて大宇宙の悠久を味わう気分になれないのです。

いつぞや、島根の海辺で寝っ転がって眺めたのが
今までで一番すごかった、星座もわからんほどの星空でした。
でも、あのときも酔っ払ってましたね…。
2005/08/24
(水) 03:06:34 | URL | ライターH #Se40xiM2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。