腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
一度きりの人生だもの
桜木町に、新しくライヴバー(はい、唇噛んでー)
がオープンした。

♪いつでも捜しているよ
 どっかに君の姿を
 明け方の街 桜木町で~♪

は、山崎まさよしの名曲
「One more time,One more chance」だが、
その桜木町にはあらず。
彩の国、埼玉県は大宮で、いつでも捜してほしい。

その名は、「LIVE & BAR DINNING B+(ビープラス)」。
大宮駅西口から徒歩10分ほど、
国道17号と県道2号の交わる
桜木町交差点のビル二階にある。
ミッドセンチュリーな雰囲気を漂わせた店内は
基礎工事こそプロが施工したものの、
細かな部分は、マスターである“めいじん”
のセルフビルドによるものだ。
テーブルの塗装は4層も塗り重ねたと聞いてびっくり。
さっすが、建設業界に長く従事してきた人は違うなぁ。
我輩の野暮なDIYとは比較にならぬ。

防音対策にはメラミン樹脂製のスポンジを使ったそう。
ほら、100円ショップとかで見かけるアレですよ、アレ。
「激落ちくん」とか呼ばれてるメラミンスポンジだす。
巨大な「激落ちくん」が壁を覆い、
その上に板(吸音用穴あき繊維板)を被せているイメージ。
それでもまだまだ防音対策が必要らしく、
経営と並行して、今後も大工仕事を行っていくとのこと。

そんな手仕事感満載な店内を眺めていたら、ふと昔を思い出した。
地方局のカメラマンをしていたとき、
やはりバーを開いた先輩がいたのだ。
基礎工事はプロに頼み、あとは自分たちで
コツコツ作っていくんだと語っていた先輩。
実際、駐車場はホームセンターで買ってきた
レンガを並べて整備したり、店の椅子を自分で作ったりして、
実に楽しそうだったことを覚えている。
やがて店の体裁が整うと、
嬉しそうに雇われ仕事を辞めていった。

めいじんはこれまで、
仕事のかたわら音楽活動を続けてきた。
たとえば07年より始まったLOVE&PEACEコンサート
(さいたま新都心の屋外ステージにて毎年12月に開催)
では、寒空のもとギターを奏でている。
そしてこのほど、長く勤めた会社を辞め、
音楽を通じて人が集う場所を作ってしまった。
好きなことをライフワークにするのは
相当の覚悟がいるだろうし、
きっと、シンドイことも多いんだろな。
けど、イイ顔してました。

さて、出演バンドはプロ・アマ問わず。
ノルマもないので、興味ある方はぜひ。
ふらっと来て、店にあるギターをつま弾いて
コーヒーだけで帰っていく人もいるそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/04
(日) 19:31:37 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/06
(水) 22:02:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。