腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今更旅コラムⅢ~残念なおばんざい記~
新緑の金閣
★新緑の金閣寺★

我輩はせっかちで、適量という感覚が欠如した生き物である。
だから、コース料理も懐石料理も窮屈極まりない。
まもっとも、どちらも正真正銘といえるような席に
まともについたことのある身分ではないが。
庶民に生まれてよかった。
そんな我輩だが、味覚オンチというわけでもない。
質より量とはいえ、残念なものを大量に食えば、
残念な気持ちで満たされる。

金閣寺の傍に、とある食事処がある。
看板には、
「絶品! 京料理バイキング」
「おばんざい食べ放題」
などとある。
食べ放題は魅力だが、土地勘のない場所で
1人1800円という値段は論外。
だから店を通りすぎ、いつものように
“安くてうまい店”を探していた。
ちなみにラーメン屋に入ることが多いのは
懐具合と胃袋の容積にジャストフィットするからだ。
普段なら乗のらない安易な誘い文句。
しかしこのときは、めぼしい店が見つからず、
腹が減りすぎ、おまけに疲れすぎていた。

再び、店の前へ。
三階建のしっかりした店構えで、
一階の大きなガラス窓からは、庭が眺められるようだ。
それで、なんとなく信用してしまった。
フラフラと入っていくと、前払いだって。
そこで疑問を感じりゃよかった。
だって、「こんなんに金出せるか!」って怒っても
後の祭りになるわけだから。

「お席は3階です」と言われ、エレベーターに乗ると、
赤いじゅうたんは汚れ、端はめくれている。
先にトイレに行っておこうと場所を問えば、2階だという。
個室に入ると、あまりの狭さに絶句。
おいおい、便座は空間に入りゃいいってもんじゃないぜ。
これでどうやって、フィニッシュの態勢を作れと?
ぼやきながら、顔面を壁にこすりつけてなんとかコトを済ます。

上に上がると、そこはスーパー銭湯の休憩所のような
ユル~イ雰囲気の漂う座敷だった。
靴箱に脱いだ靴を入れ、座敷に向かおうと下を見ると、
ホームセンターで買いましたね、てな短いすのこが置いてある。
とても“敷いて”いるとは言えないレイアウト。
汚れてるし、ずれてるし、おまけに間隔が開きすぎてるときた。

エレベーター、トイレ、すのこから発せられるシグナル。それは、
自分ら、やる気ないスから
である。
いや、大丈夫だ。おばんざいだ。食べ放題だ。
一口食べればきっと、快楽の園が待っている。
自分に言い聞かせ、気付かぬふりをして座敷に入ると、
壁沿いの座卓に並べられた料理を、窮屈そうに腰をかがめながら
盛り付けている相方の目が、死んでいた。
「皿がさ、足りないんだって」

おばんざい、つまり日常に食べる京風のお惣菜が中心だから
汁けのあるものが多い。
それらを取り分けるのに欠かせない
細かく仕切られた大きな角皿が足りないという。
しかたなく小皿で済ませたが、
膝をついて何度も取りに行くのは、えらく面倒である。
結局、我輩が食べている間に角皿は一度も、
厨房から出てくることはなかった。

でも、なんといっても一番残念だったのは、味である。
ビジネスホテルの朝食の方が、3倍うまい。
ひじきも切干大根も業務用感満載。
茶そばは茹でずに食べられる流水麺みたいな味がしたし
チラシ寿司は温かく、急いで作りましたねって感じ。
唯一ましだったのは、唐揚げとえび天とポテサラ。
もはやおばんざいの枠を超え、日本全国共通の人気総菜ではないか!
だから減りも尋常ではなく、補充しても補充してもなくなってゆく。
えび天にいたっては、しばらく天つゆすらなかったため
塩で食うのかと思ったほど。
こんな脱力系サービスを展開しているにもかかわらず、
GWで予想外の人が入り、厨房も収拾がつかなかったのだろう。

主力のおばんざいでは挽回できない哀しい現実。
そんな哀しきおばんざいを目一杯詰め込まれ
その日のエネルギー補給を完了させられた哀れな我が胃袋。
廊下から漏れ聞こえた従業員の
今、メチャメチャ揚げてるで。
という声が、深夜のサービスエリアでウトウト
しかけたときにもまだ響いていた。
まぢかよ!?と言いながら、バイトが冷凍の唐揚げやえび天を、
死に物狂いで揚げている様子を想像していたら、可笑しくなってきた。
う~む。おもろかったから許そう。

よっこいしょ
★おっ。唐揚げ補充されたらしい★

追記
家に戻ってから調べたところ、どうやらその店はもともと
修学旅行生向けに食事を出すところだったらしい。
ああ、それで…。合点がいきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メシはトホホでおいしくなくても
突っ込み所ありすぎである意味おいしい
これぞ旅の醍醐味ですな

2011/07/24
(日) 13:44:03 | URL | 俺くらいの旅人になると #-[ 編集]
to.俺くらいの旅人になると

ホント、その通りでござんす。
旅ってのは、順調なことより
やっかいなことの方が、覚えてるもんだね。
2011/07/25
(月) 16:21:03 | URL | コメ助 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。