腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今更旅コラムⅡ
“GWに広島目指して車中泊”の第二弾だす。

深夜に出発し、午前中に京都に立ち寄った。
初めて銀閣寺に行くことに。
そういや中学の修学旅行で金閣寺に行った際、担任に
「先生、銀閣寺は行かないの?」と聞いたら
「銀閣寺はな、大人が行くところだ」
と言われ、妙に納得したものだ。
若かったコメ助も、すっかり腐った大人になりやした。
さ、行ってみましょ!

ところが、周辺の駐車場はどこも満車。
この状況は、銀閣寺だけでなく金閣寺もである。
幸いどちらも、少し歩いたところに停めることができた。
土地勘のない場所で狭い路地をぐるぐる回って
コインパーキングを見つけてくれた相方に感謝。

むしろ、少し歩いた方が街を体感できるからいい。
たとえば銀閣寺周辺には、
近隣の寺や神社を水路に沿って結んだ、
「哲学の道」と呼ばれる1.5kmほどの散策道がある。
桜や紅葉の時期は、さぞ華やぐことだろう。
けれど、黄色い山吹の花が水路に向かって垂れ下がる
新緑の季節もまた、よいものでした。

哲学の道

さて、銀閣寺に到着。
渋いねぇ。金閣寺より好きだなぁ。
けどさ、よぉく見ると、結構斬新なんだよね。
1階が書院風で、2階が唐様仏殿の様式だってさ。
噛み砕くと、1階が武家屋敷の元になったスタイルで
2階が中国伝来のスタイルって感じ?
そう言われて見れば、おもろい建物である。
だって、上と下でスタイルが違うんだぜ。
仮にさ、下が純和風で上がヨーロピア~ン
な家が近所にあったら
目をそらさずにはいられないぜ、きっと。

銀

続いて金閣寺へ。
金閣なんてもっとすごい。
だって、バラエティ豊かな3階建てだもの。
1階は、貴族のお屋敷スタイルで、
釣りでもいかが?的な、ちょいと張り出したバルコニー付き。
2階は貴族と武家スタイルのいいとこどりで
3階は中国のお寺風だってさ。
おまけに金ピカで、なんとも派手ですな。

金

さて、金閣寺を出ると、よい子はおやつの時間。
なのに、我々はろくに飯を食うておらん。
うまそうな店を見つける気力も萎えていたところに
飛び込んできたのが、
「京おばんざい食べ放題」という文字。
牛一頭食えそうなくらいに腹減ってるし、
なんとなく観光のツボを抑えている気にもなる。
で、足を踏み入れたのだが…。

というわけで、次回は残念なおばんざいのお話です。

石庭
★銀閣寺の石庭を取り囲むすっごい人の数。
 もはや癒しの空間ではない★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
修学旅行の時、金閣寺の前で、じょばちゃんと一緒に、記念写真を撮ったっけな~。
京都・奈良でやんしたね~。
2011/08/16
(火) 22:49:33 | URL | あおむし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。