腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Fucking closet! vol.2
というわけで、クローゼットbefore―after
第2弾でありんす。

ステンレスパイプ到着!
そこでまず、クローゼットを空にした。
空にした――こんなワンフレーズのことが、
実際に体を動かすと、なかなかどうして面倒である。
清貧ではないが、セレブでもなし。
小まめにリサイクル処分してるというに、
服を出しては、階段上部の腰壁に次々重ねてゆくと
なんてこったい、てんこ盛り。
クリアケースだって出さにゃ。
見るたび羞恥と後悔が渦巻く健康器具もね。

それら全てを出し、次は計測。
首が痛くなるほど上を向いて
ソケット(パイプを受けとめる左右の金具)
を付ける位置を慎重に決める。

コンコン
●壁の裏に柱が通っているか、コンコン叩いて確かめる●

さて、いよいよ…
お待っとさんでした!
電動ドリルショーです!!
鼻息荒くパイプを頭上に持ち上げ…あ?
上がらない!
なぜ壁にぶつかる?
なぜ水平に上がらない?
ソケット取付位置の幅を測ってみると…169cm?
170cmじゃないの!? Shit!

つまりこういうことだった。
事前にきっちり測りはしたが、
服がモリモリにかかっていたため、
クローゼットを開けてすぐの空間に
メジャーを当てていたのだ。
まず、パイプを渡す位置を決め、
そこを計測すべきだった。
game is over.
兵どもが夢の跡。
わずか1cmが、全てを終わらせた――。

But,矢沢の永ちゃんなら
きっとこう言うだろう。

「その場にうずくまってもいいけどさ、
 いつまでそうしてるわけ?
 明日?明後日?……No!
 立ち上がらなきゃ」

sourced by
「永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか」
NHK 06年2月26日放送

で、立ち上がった。
終わらせてなるものか。
1cm切りゃいんでしょ、1cm!

さて、どうするか。
金物店に送り返すと、意外と高額な送料がかかる。
ネット検索すると、パイプカッターを購入した
DIY上級者のページが。
う~む、たった1cm切るのに工具買うのもなぁ。
不便なコトやモノがどんどん減り、
サービス過剰になってゆく現代社会において
金物を今すぐ、1cm切ることができないとは!
どうしようどうしよう。
混乱した頭に、こんなセリフが響いた

「工作室で、お客様ご自身がカットしてください」

おぉ、そうだ!
カインズホームなら、自分で切れる!
しかし、それは購入者だけの特権なのでは?
問い合わせてみた。
最初は渋い返事だったが、
こちらの切羽詰まった心情を察して
特別措置を講じてくれることに。
何か店内で買い物をして、
そのレシートを工作室に持ってくれば
特別に許可しましょう、というのだ。

即刻、パイプにマジックで-1cm線を引き
後部座席に放り込んで、カインズへGO!

後部座席にポール

さて、豆腐を切るように楽々スパッ
と切れたかな?
というわけで、
カッティングの様子はまた次回なり!
(ちいせぇ話をあざとく引っ張るねぇ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。