腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ニッポンの夜明けザルッ!Ⅲ
ちいちい気取り
●市場の空気が好きだ●

高知で爆睡し、起きてすぐに日曜市に行った。なんと、元禄3年から300年以上続く市だそう。日曜開催となったのは明治からで、全国でも珍しい終日オープンスタイル。高知城下の大通り、約1.3kmにわたり、500店近くが軒を連ねる光景は活気に満ちている。さて、何を朝飯にすっかなーと歩いていたら、色とりどりの寿司が目に入った。へぇ、野菜が握られているわ。これ、田舎寿司という。

田舎寿司

売り手であり、作り手でもある地元のおばちゃんに聞くと、みょうがや竹の子、コンニャクなどで握る高知の郷土料理だという。透明感のある緑色はウリか何かと思っていたら「りゅうきゅう」と呼ばれる、高知県ではポピュラーな野菜で、正式には蓮芋の茎の部分なんだって。たけのこの握りが絶品だと相方。素朴で、ほっこりした朝食でした。

そしていよいよ、桂浜ぜよ!美しさもさることながら、驚いたのは波の荒さ。サンダルに入ってくる砂の暑さに耐えながら、冷たい水を目指して波打ち際までたどり着いたものの

スーーー…ザバザバザバザッバ~ン!!

太平洋凄っ!メロドラマのように、手を取り合ってキャハハハハハ、なんてできないね、こりゃ。

ニッポンのっ!
●ここに龍馬も立ったはずだ、と幕末の志士気取りで仁王立ちの相方●

そんな桂浜を見下ろすように建っているのが、高知県立坂本龍馬記念館。展示品の多くは複製ながら、迫力十分だ。特に書簡を前にすると、時代の雰囲気や書き手たちの個性が見えるような気がしてくる。例えば、武市瑞山が切腹する前日に、最愛の妻、富に宛てた手紙。整った文字でびっしりと埋められており、胸に迫るものがあった。一方、龍馬の手紙は奔放さが窺える。「日本を今一度せんたくいたし申候」の「せんたく」という文字やの伸びやかなこと。

館を出て、イカの串焼きに食らいつく。柔らかくてうまい。もっと食べたいが、小腹を満たす程度に抑えておく。なんとしても、讃岐うどんを最低2軒は食べたかったのだ。というわけで、香川県へ移動する。

帰りのルートも考慮して選んだ店は、「長田in香の香」と「わら家」。どちらも釜揚げうどんの有名店で、東のわら家、西の長田と言われたこともあったとか。膨大なうどん屋リストの中から適当に見つけただけで、並んで称されていたとは知らなんだ。ちなみに「長田in香の香」は2006年に公開されたユースケサンタマリア主演の「UDON」にもチラッと出てくる。

【UDON】
芸人として芽が出ない製麺所の倅と、極度の方向音痴のタウン誌編集者の女性が巻き起こす、うどんブームを描いた作品。

どちらの店でも釜揚げを注文。「長田in香の香」はどんぶりにし、「わら家」は桶で頼んだ。

わら家

風味といい、舌触りといい、歯ごたえといい、釜揚げ万歳!加えて、いりこ出汁に脱帽!西日本で、出汁といえば「いりこ」なんだね、知らなんだ。机上のとっくりから自分で注ぐ、その濃厚な味とシャープな香り。うどんよりも印象に残ったくらい。それにしても、めんの長いこと!がっついて無計画につゆの椀に放り込むと、いつまでも麺が途切れないもんで、しまいに溢れてしまう。

長田

腹も膨れ、日も暮れてきた。さて、けえるか。高松自動車道に乗り、津田の松原SAで夕暮れ時の瀬戸内海を堪能するところから、SA巡礼が始まる。行きは中央、帰りは東名を進み、浜名湖SAで朝日を浴び、富士川SAに寄った。ここは、静岡と山梨を結ぶ県道10号線の道の駅「富士川楽座(ふじかわらくざ)」と接合しており、上り線(東京方面)のみ、道の駅の5階建施設に、3階部分から入ることができる。4階の展望ラウンジに上ったものの曇っており、富士山は山頂近くのコブがなんとか確認できただけ。

富士山が見えない

けど、星を見ることができた。同じ階に、なんとプラネタリウムがあったのだ。さっすが、日本一の集客数を誇る道の駅だけはある。プラネタリウムクリエイターの大平貴之氏が開発したメガスターを、まさかSAで体験するとは思わなかった。

ということで。
星のように、“瞬く”間に終わってしまった旅の思い出でした。
お後がよろしいようで…。
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。