腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いつの日か、猫のように。
目下、左の肩甲骨のあたりがうずく。
一昨日は、寝返りを打つのもやっとだった。
二ヶ月ほど前も、どちら側だったか、
(両側だったか?)やはり肩を痛めた。

原因はヨガだろう。
DVD付きのムックを買い、
テレビの前で怪しい動きを始めて
もう三ヶ月くらいになるか。
代謝のよい体づくりのために選んだが、
なにより、しなやかな体というのは
我輩の憧れだったのだ。

が、しかし。
簡単なポーズすら理想形にはほど遠く、
いかにもヨガ、といった体勢を目指すと
バランスを崩し、
無残に床を転がることになる。

今、自信を持って披露できるのは前屈のみ。
膝がやっとだった手がようやっと床に届き、
最近では、指の関節をひとつ分
曲げることができるようになった!
…でもそれだけ。
努力の必要がない人も多いだろう。
前屈だけなんて、憧れにはほど遠し。
もっと格好いいポーズがいいっ!
いつの間にやら、ムキになっていたようだ。

前回の負傷原因は「猫のポーズ」。
猫がぐ~んと伸びをするような
形を作るのだけど、
ケツを突き出し、両手を前にすべらせ、
あごと胸を床に置くって…
ぐっぐるしいよぅ。
肩がはずれんばかりに
腕を前に伸ばしていたら
体が悲鳴をあげた。

今回は恐らく
「片足抱え上げのポーズ」だろう。
仰向けに寝そべり、
膝下を通って内から外へまわした腕で
片足を抱え上げ、
首の後ろで両手をつなぐというもの。
最近なんとか両手(というか両指?)
が繋がる(触れる?)
ようになってきたものの、
30年以上放置してきたガチガチの体は
びっくりしてしまったようだ。

想像以上に頑固な体を
なだめすかしながら、
気長にやっていこうと思う。
いつの日か、
足が首の後ろにまわる日を夢見ながら。
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。