腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ア~イ、ハ、イェイエンデス
新郎新婦

●我輩の腐った目には眩し過ぎる純白のドレス●

いいふうふ(11/22)の翌日。
大安で晴天の勤労感謝の日に
相方の妹君が結婚式を挙げました。
兄貴の髭面には不釣合いな
おっきなおめめと長い睫が、
ベールの下でよく映える。
可愛かったなり。

会場は、関東、関西などを中心に展開する
ゲストハウススタイルの式場。
施設に足を踏み入れると、
そこはまるでヨーロッパのマルシェ。
その街角にお義父さんの姿が。

「あっ親父」相方が声をかけ、
「来ましたよー」と我輩も手を振る。
が、しかし。
どこか一点を見据えたまま、
我ら2人の前を通り過ぎてゆくお義父さん。
「うわっ緊張してる」

そりゃそうだ。
親族紹介に始まり、会場での挨拶周り。
日本では、親は主役と同じくらい
立ち回らなくてはならないもの。
同じテーブルに居て、それがよくわかった。
お義父さん、お義母さん、本当にお疲れさまでした。

建物だけでなく、演出も凝っていた。
特にフィナーレは、式場の腕の見せ所。
「両親への手紙」コーナーが終わると暗転。
日がすっかり落ちた部屋続きのガーデンで
花火が吹き上がると歓声が沸き起こった。
ここから一気に、エンディングへともつれ込む。

大型スクリーンに映し出されるは、
この日の映像と、サンキューメッセージに乗せての
ゲスト名のエンドロール。
これは特に、女性ゲストの涙を誘っていた。

後日テニス仲間に聞いたら、
この報道センター並みのスピード編集は
今、主流なんだって。

「ハイ、ここで新婦のアーップ。
 す・か・さ・ず、テロップドーン。いいねぇ。
 あーでも、ちょいピン(ト)甘いか。
 コレ、引き(の映像)ある?」

とかなんとか言ってるのかなぁ。
以前ニュース番組に携わっていた我輩は
そんなことばかり想像しておりました。

聖歌隊は音大生かな?
それとも、声楽家を目指すフリーターかな?
エレクトーン奏者の譜面についてる付箋には
なんて書いてあるんだろう?
…etc.

日本語の下手うま加減が絶妙な、牧師さんの
「ア~イ(愛)」
という発音、まだ頭に残ってる(笑)。

つくづく、舞台裏の人間なのだと思う。

さて今年度、
無謀にも青色申告に初挑戦する我輩。
妹君のパートナーは、TAX MANだ。
困ったら助けてもらおうっと。

ガーデンパーティー

●夕暮れの庭でのデザートビュッフェ●
スポンサーサイト
ヂャずみみ
クラシックには楽譜がある。
設計図のようなもので、これなしには曲は“建たない”。
ま、一曲ノーミスで弾くことなど皆無な我輩なぞは、
どれほど素晴らしい設計図があっても、
あばら家しか建たぬ悪徳業者だが。

で、ジャズ。
ああ、めくるめく即興の世界。
10月27日、台風の影響で大雨のなか
阿佐ケ谷ジャズストリート、
最終日2日目に行ってきました。

このフェスは、お寺や教会、学校など
様々な場所でコンサートが行われる地域密着型。
ジャズのはしごができるのが魅力だ。

演奏の合間に友人が言った。
「どうして打ち合せもなしに
 演奏が進んでいくんだろう?
 何か“宇宙電波”みたいなもので、
 交信しあってるんだろうか?」

宇宙電波!
この概念の虜になった我々は、
さっそくその解明にあたることにした。

「次はホニャララ(名JAZZプレイヤー?)の
 ホニャララ(曲名)をやります」
とピアニスト。
そうだよね、「A列車でいこう」とか、
スタンダードナンバーがあることからわかるように、
オリジナルはあるわけだ。
てことは、頭と尻はきまってるわけ。
間をいじくりまわしてるわけだね。

よくよく聴いて(なんとなく)わかったこと。

●基本、ベースに合わせてりゃいい。
●ひとりひとりがソロを奏でる順番は、
 事前に打ち合せしてるらしい。
●オリジナルのメロディーをいじるよりも、
 自由気ままに奏でている場合の方が多い。
●ソロの時間は大体均一らしい
 (友人はナノト、時計見て計っていた!)

ただし、なかには暴走野郎もいて、
「うーんどっから入ろう」
と苦笑するメンバーを尻目に、燃え上がる嵐のドラマー
なんてシーンも。

と、まぁこんな具合に、
数分のオリジナル曲を、15分近くに伸ばしてるってわけ。

感想。
天丼、牛丼、カツ丼…
あらゆる丼ものにみそ汁をぶっかけて
薄くのばしている感覚に陥り、いささか飽きてくる。

フリーセッションの宿命か?
我輩の耳は、「ジャズ耳」に成長してないだけ?

誓っていうが、ジャズは好きですぞ。
けど、緻密で退屈なイメージのあるクラシックの方が、
今のところ我輩にとってはめくるめく展開を感じる。

さて、杉並第一小学校で行われたフィナーレは圧巻。
各演奏会場からプレイヤーたちが続々集まってきて、
入れ代わり立ち代わり演奏に加わってく。

このフィナーレだけは司会がいるのだが、
「今日はホニャララが多いな」と、舞台上で何度も呟く。
「とある有名プレイヤーの作品が多い」
と言う主旨だろうけど…誰?
クラシックに置き換えれば、
「今日はスクリャービンの作品が多いな」
っといった、
“知らない人は置いてくぞ”系雰囲気を感じた。

あのさ、
おばちゃんやちびっこもいるんだから、
わかるようにいってよ。

せっかく商店街でやってるのに、
絶対、素人レベルまでは降りてこない。
どんな聴衆であろうとも、レベルは下げない、
プロの心意気ってもんかもしれんが、
超大衆派の我輩に、このストイックさは共感不能でした。

その数日後。
スウィングジャズの名曲をてんこ盛りしたチープなCDを、
イソイソと購入した埼玉県在住のコメ助氏が、
ブックオフ前で、音楽通を自負する組織に拉致、
「お前に音楽の何がわかる」とボコボコにされた模様。

071027阿佐ヶ谷JAZZ3

●演奏が終わってはCDを買いまくるバンブーフィールズ氏●
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。