腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コメ助、イベンツトイレにてもの思ふ。
20070815161835.jpg


女に産まれたことを悔やむとき。
それはトイレ行列に並ぶとき。
7月29日 in front of Goodwill球場's W.C.
オーガスタキャンプ2007に行って参りました。
そして文字通り、参りました…。

オフィスオーガスタ所属のアーティストが
一堂に介するこのイベント。
7時間近くの長きに渡って、
スガシカオ、山崎まさよし、元ちとせ、杏子、スキマスイッチ、
COIL、長澤知之、奏 基博のステージを堪能。

座席とド-ムの間に大きく隙間があり、
緑が映え、風が通り抜ける会場は、
野外感も味わえ気持ちよかった。

デビュー10周年を迎えたスガシカオを讃える企画が多く、
まさに、スガ祭り。
その割に本人は、オープニングの「惑星タイマー」で
自分のパートをすっ飛ばし
(え?俺?)
という素の仕草を見せ、会場爆笑。
そんなゆるーい雰囲気が、
全員総立ちコンサートが苦手な我輩の気に入った。

で、トイレ。
長丁場でお酒もOKだから、
みなさま当然、出るものは拒めぬわけで…スゴカッタ。
売店が立ち並ぶなか、
(うそ、ここから!?)
と思うほどありえない最後尾の位置。
並んだばかりでは建物の影すら確認できず、あぁ遥か彼方。
しばらくして、女性客の暴動を恐れてか、男子トイレを解禁。
それでも、大人気だった。

20070815161851.jpg


哀れなのは、COIL(コイル)というバンド。
良く知らないユニットなので、新人かと思いきや、
デビューから結構経ってるらしい。
コイルの出番になると、途端に席を立つ人が続出。
特にアリーナがむごい(笑)。
民族大移動が始まり、通路はトイレ難民で溢れることに。

哀れコイル。
メインステージの合間に設けられた
さまざまなアーティストによる
スガシカオトリビュートステージでは
「みなさま、トイレ休憩の時間がやって参りました…」
と自虐トークから入るほど。
ちょっと同情するよ。

大音量かつ大増幅させるサウンドは、
オーガスタのファン層とずれてるのかな?
周囲を見渡すと耳に指を突っ込んでいる人多し。
ごめんなさい、我輩もその1人。
生理的に大きな音や割れた音が苦手なのだ。
でも、異色な存在は居た方がいい。
今後のオーガスタキャンプでも、
めげずに頑張ってほしい。

さて、やって参りました。
もうちょっとでトイレの入り口!
すると、山崎まさよしが登場。
会場がどっと沸く。
(はよ済まさにゃ!)
慌ててトイレを終えて外へ出ると…。
今までの行列が嘘だったかのように、
だーれもいないのでありました。

おーいみんな、
膀胱は大丈夫なのか!?


人間とは、かくも正直な生き物なり~。
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。