腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コメ助、国会に召集される。
この間の土曜日は国会の日でした。
いやぁ、コメ助バッシングの中、
法案を通すのは難しい・・・なんちって。
陶芸教室ですよ。

“国宝級の作品を生み出す会”
略して“国会”。
これ、コピーライターの
ぬまりんこ先生が命名したんだす。
彼女の伯母様は、陶芸家なのです。

「次回の国会は2月24日だって、出れる?」
てな代議士気取りな会話を交わし、いざ教室へ。

国会構成メンバーは4名。
ぬまりんこ、まなみんぐ、そして
開催2回目よりNao姐が加わった。
昨年末から開催し、今回は3回目。
地下の作業場に入ると、
第1回目の作品が仕上がり、並んでいた。

20070302002625.jpg

★作業場の様子

小鉢とミルクピッチャーと、
漬物盛るくらいしか思いつかない、
縁の付いたヘンテコ皿。
3点とも、白っぽい土に雪のような釉薬がまとう。
上手くいけば、淡いピンクが出る釉薬を使ったが、
窯の中の位置などで微妙に変化するため、予測不能。
でもこれが、焼き物の醍醐味でもある。

20070302002606.jpg

★Nao姐、窯を覗く。

さて、この釉薬ってやつ。
難しんですよ。
何が難しいって、
スピードと思い切りの良さが求められます。

20070302002648.jpg

★地獄池な様相。しかしこれ、緑色になるのだ。

想像して見てくださいな。
ポリバケツに入っている3分の1程度の液体に
ササッ!
と、素早く潜らせることの難しさを。

20070302002735.jpg

★まなみんぐ、釉薬と格闘中。

釉薬は厚塗りすると、剥がれやすくなるため、
できれば1発でくぐらせるのがベスト。
でも、器の形状や、持つ指の位置もあるから、
なかなか上手くいかない。
カップですくって掛けるという方法もアリだが、
かかっていない場所を見つけると焦り、
何度も何度も浴びせてしまう。

20070228180645.jpg

★うぎゃぁぁぁぁ、急げぇぇぇ。

前回製作し、素焼きされた納豆鉢とお茶碗。
今回はこれに釉薬を塗る。
「ウワッウワッウワッウワッ」
声にならない奇声を上げ、
たぁ~っぷり塗りたくって参りました。
お茶碗に塗った釉薬(瀬戸織部)は、
薄くぬれば、深く美しい緑になるという。
恐らくあれは…ドブ緑色になるであろう。

20070302002711.jpg

●釉薬を乾かす。次回までには、焼きあがっている。

新たな作品にも挑む。
今回は、急須にしました。
(3回目にして、なんと分不相応な!)
京都の陶芸家が作り、登録商標を得た
ペリカン急須」という商品があるのだが、
それ、完全パクリました。

だって、すっごい便利そう。
けど、高いんだもん。

何度もお湯を注がなくてすむよう
大きな急須にしたい。
焼くと15%縮むことを考えると、
これくらいか?
と、手びねりで悪戦苦闘。

20070228180702.jpg


できあがったのは、急須の化けモノ。

20070302002530.jpg

★蓋と本体がくっつかぬようガーゼを敷く。

肝心かなめの注ぎ口が下方にひしゃげ
お湯がこぼれる不安あり。
ま、初挑戦はこんなもんです。
素焼きされ、釉薬かけて再び焼かれ
実際に使えるのは2、3ヶ月後。
果たしてどうなっているのやら…。

20070228233929.jpg

★陶芸後の恒例行事、ぬまりんこの手料理をたらふく食う。
スポンサーサイト
パキ、『かもめ食堂』良かったよ。
仙台で日々開発に没頭中の後輩、パキ博士が
かもめ食堂』に触発されて旨そうな料理作ったそうな。

--------------------

パキの日記より~

かもめ食堂の中で、
『コーヒーは他人に入れてもらった方が美味しいんだ』
という台詞が出てきます。
コーヒーは確かに他人が入れたら
おいしく感じる気がしますね。
料理は自分が作ろうが、他人が作ろうが、
一緒に食べる相手(彼女や友達)がいることで、
味は変わりますね。

良かったら、かごめ食堂の感想聞かせてください。

--------------------

で、早速おいらも鑑賞。

--------------------

おにぎりは、他人に握ってもらった方が美味しい
というセリフに、実家を思い出した。

我輩の実家は変わっていてね、
あんまし家族で食卓を囲まない家だったんだ。
母ちゃんのライフスタイルが変わっててさ、
食事の支度をしながらの味見でお腹一杯になってしまうらしく、
自分は絶対に食卓に着かない。

家族がテーブルを囲む方が不気味。
正月なんて、だから不安になるんだ。

作り置きを一人で食べるという気楽な食風景は
我輩の性に合っていたらしく、
全然淋しいと思ったことはない。
けどそれってさ、
いつも家に母ちゃんがいたからでねぇかな。
作り手の顔が丸見えのもん食って、家族の気配感じて、
すくすく育ったってとこだね。
改めて、母ちゃんに感謝です。

ま、ちょいと育ち過ぎて、
一時期ははちきれそうになってたが。

--------------------

もう一つ染みた言葉。
小林聡美が合気道の基本動作をするシーンで
大切なのは体の真ん中』と言う。
暮らしの真ん中にあるのは、
やっぱり食べることなんだよね。
食をおろそかにしたり、興味がない人を見ると、
大盛り意識過剰な我輩としては、
羨ましいと同時に、哀しい。

食べることに、
文化・習慣・趣味・嗜好、美学・哲学・悪癖に至るまで、
何でもかんでも総動員。
それが、人間らしさなのだと思うから。

ちゃんちゃんと、生きていく清々しさを感じました。
我がメガーネ、スリランカへ
20070216233329.jpg



メガネーのパリーミッキッ♪ が、
不要になったメガネの寄付を受け付けてるって知ってた?
度数などを計り、クリーニングをして、
スリランカに送られるんだって。

近所のパリミキの、カウンター奥の目立たない場所に、
告知ポスターが貼ってあるのを発見。
あれは去年のいつだったか。
朝日新聞の土曜別冊版「be business」
に社長のインタビューが掲載されていて、
その活動内容を詳しく知ったんだよね。

裸眼で0.1を下回る我輩。
歴代のメガネ君たちにはたいそう世話になった。
燃えないゴミで捨てこともあったが、
ま、せっかく近所にあるんだし、
よっしゃ、寄付するか。
相方の分も含め、度の合わない奴らが増えてきた昨今、
コンタクトを買うついでに、持っていきました。

ガサゴソとカウンターにメガネを並べると、
店員のお兄ちゃんに
「ありがとうございます!
 スリランカに送らせていただきます!」
と満面の笑みで返され、ホッとする。

『ハァ?こんなん勝手に捨ててくれよ』

てな顔されるかとドギマギしてたから。
我ながら、ケツ穴小っちぇ。

しかも。

「これ、どーぞ!」
と、お兄ちゃん。
目の前にニョキッと出されたのは、
寄付のお礼に渡すことになっているという
スリランカの紅茶だった。

こーいうのって、なんだかこう、嬉しいよねぇ。
ニヤニヤしながら相方に話したら、
(アララ)って顔してこう言った

「なんだ、一気に出すんじゃなかったな。
 1個づつ持っていけば、もっと貰えたのに…。」

せこーーーーーーーーーーーーーーーーーい!
(by 井戸田 潤)

詳しくは、三城光学研究所の
「社会啓蒙および社会貢献」のページをどーぞ。
http://w3sv01.paris-miki.co.jp/moi/

株式会社三城のHPでは活動について見当たらなかった。
もっとド派手にアピールすることもできるだろうに、
欲のないこった。
フムフム、好印象

20070216233338.jpg

初レッスン受けてきました!
イッテキマシタ、ヤッテキマシタ、
基礎からみっちり初心者クラス。
先々週、体験入学したもんで、
流れは大体掴んでた。

けどさ、初心者クラスでなかったのよ、体験は。
おいら間違ってさ、
ラケット握るのも初めてってな
“はじめてクラス”に紛れこんじまったのね。
名簿に名前がないし、
(なんだか様子がおかしいぞ?)
と思ったときは時すでに遅し。

で、今回は間違えないよ-に、
集合コートを確認しましたよ。

日曜の9時半からの初心者クラスは、参加者8名ほど。
うち2人は、前回お邪魔した“はじめてクラス”
で見かけた顔だった。
中年の女性と、20代とおぼしき男性。

この男性、イマドキヘアーに耳ピアスだから、
『こんなん、チンタラやってらんねーぜ』
と思っているのだろうと、勝手な先入観で見ていたら、
どっこい人懐こくて、熱心な奴だった。
1つのボールをみんなで代わる代わる打ち合う
ラリーゲームの時なぞ、
このイマドキピアスが積極的に声を出し、笑い、
場を盛り立ててる感じ。

盛り上げ役は多い方が楽しい。
我輩もイマドキピアスを見習い、
生徒同士で打ち合う練習の時に
「ナイスデース!」
「ツーバンしてっけど、これ、いただきマース!」
「いや、やっぱ難しいッスねぇ!」
とか、盛り上げることにした。
でも、おとなしい女性が多く、
あんましリアクション返ってこないけど。

ま、とにかく。
「オーマイガッ!アンドゥ アメ~ジング!
君に教えることはもうない!」
とコーチに言わしめるべく、頑張りまーす。
(無理)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。