腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
沖縄すばに、浸かりたい。
島人(しまんちゅ)気取りで“すば”と呼ぶ
こんな我輩を許しておくれ。

話を先月に戻します。
あぁ、夢にまで見た沖縄すば。
旅行前、名店を調べまくった。
2泊3日だっつーの。
行けないってことわかってて、持ち歩く“すばファイル”。
あぁもう夢ばっか。
せめて、昼飯は必ず食べることにした。

「そば」といっても、小麦粉の麺なので、
うどん好き、薄味好きにはたまらん。
上には紅しょうを。
合うんだな、これが。
でも我輩が一番non Stopさせられるのは、三枚肉。
ソーキ(スペアリブ)派も、てびち(豚足)派もいるだろうけど。

ルートやスケジュールで選んだ店は3つ。

むつみ橋 かどや

自家製麺 なかむらそば

ゆんたくすば 御殿山(うどぅんやま)

“かどや”には着いてそうそう行った。
国際通りのど真ん中にある小さな店で、
見逃してしまいそうな小さな店構え。
でも、名店である。





あっさりスープとちぢれ麺の絶妙な絡み具合に唸らされた。


“なかむら屋”には、シュノーケルの後に腹pecoで行った。
この店、道路挟んで海の向かいにあるから、
すこぶる眺めがいい。





海を眺めながら、貪るように食べる。

“御殿山”は旅のラスト。空港に行く前に食べた。
ここは、首里城近くの小高い丘にある店で、
場所がわかりにくい。
住宅街の細い登り坂を、小雨降るなか突き進む。
レンタカーは小回りのきくサイズだったが、
それでも進むのが億劫になる。
運転席の相方が、無口になっていくのが可笑しい。

築130年の民家を改装してオープンしたというこのお店。
開け放った縁側からお座敷に入ると、
まるで親族の集まりに出席したよう。
味もさることながら雰囲気が抜群。
沖縄のおじぃ・おばぁが出てきそうだ。
女性客が多いのも頷ける。





ガジュマルの灰汁入り麺の、モッチリ感が印象的な1杯であった。

沖縄すばってスープがあっさりしてるんで、全部飲めちゃうんだよね。
3軒とも飲み干してしもた。

今後も、沖縄を少しずつ飲みこんでいく所存です。
スポンサーサイト
世界王者に酔う ~AIG OPEN観戦~
AIG7.jpg

★準決勝で勝利した瞬間の中村藍子★

AIG OPEN見てきました。
10月7日(土)、有明コロシアムは快晴。

この日の試合スケジュール(センターコート)。

●男子ダブルス準決勝・第1試合
アンディ・マリー(英)&ジェイミー・マリー(英)
VS
ポール・ゴールドステイン(米)&ジム・トーマス(米)

●女子シングルス準決勝第1試合
中村 藍子 VS Yung-Jan Chan(台北)

●男子シングルス準決勝第1試合
ロジャー・フェデラー(スイス) VS ベンヤミン・ベッカー(独)

●男子シングルス準決勝第2試合
ティム・ヘンマン(英) VS Hyung-Taik Lee(韓国)

●女子シングルス準決勝第2試合
マリオン・バルトリ(仏) VS カミール・ピン(仏)

●男子ダブルス準決勝第2試合
岩渕 聡&鈴木 貴男 VS Hyung-Taik Lee(韓国)&キム・ケビン(米)


センターコートで行なわれた、ほぼ全試合を観戦。
12時間近く会場に居た。
午前から午後にかけて、あまりの日差しに厚着の自分を呪う。
帽子持ってくればよかった…。
ドッコイ夜になると、もう1枚着てくりゃよかったと後悔。
秋のスポーツ観戦は難しい。

随分前から仲間にチケットを取って貰っていた。
有名選手の登場を願いつつも、
4大大会に比べ、ランクの下がるAIG。
出場予定選手にビックネームがあっても、
世界各地を転戦して回ってる選手たちは、
よりポイントの高い大会に流れてしまうだろう。
だから、まさかこんな大物が見れるとは露ほども思わず・・・。

そう、世界ランク№1、
ロジャー・フェデラーが初来日したのである――。

彼の出番が近づくにつれ、
お客さんも報道陣もTVカメラの数も増えてくる。

AIG9.jpg

★早く出てこぉ~い、フェデラァァァァァ!★

試合の合間になると、マイク握って登場する松岡修造。
「さぁ、みなさん。いよいよフェデラーの登場ですよ!!」
無駄に熱いシュウシュウのトークで、
会場の熱気はムンムン・ムラムラ。

AIG8.jpg

★“修造Tシャツ”に釘付け★

あっ出てきたっ!ホンモンだっ!
うわっ、打ってるっ!
はやっ!うまっ!
と感動するも、あっちゅう間に試合しゅ~りょ~。
もっと見たいよぉぉぉぉぉ。

AIG3.jpg

★うっ美しすぎる★

6-3、6-4のストレート勝ち。
それほど時間もかけず、あっさり焼肉。
なんてこざっぱり勝っちまうんだいっ!こん人は。

AIG4.jpg

★VIP席には小池 百合子の姿も★


相手だって実力者だぜ!?
230kmの剛速球サーブの持ち主。
先日アンドレ・アガシを破り、
彼を引退に追いやったといわれるベンヤミン・ベッカー。
楽な試合なぞ一つもないだろうが、
簡単そうに勝つから凄いよね。

AIG1.jpg


この日のフェデラーはサーブがキレキレ。
たった4球で終わったゲームもあったもん。
(バシッ!)「フィフティーンラブ」
(ビシッ!)「サーティラブ」
(ドス!)「フィフティラブ」
(バコーン!)「ゲーム、フェデラー。<ワァァァァ!!(歓声)>」
すっげ・・・。

AIG5.jpg


前の中村藍子選手の試合が、
2時間半以上の粘り試合となり、押していただけに、
すっごく短く感じた。

ストロークもボレーも強い。
フォアもバックも巧い。
ミスらない。
焦らず慌てず表情変えず、
淡々と、もの凄いことやってのける。
ジャンプして(バチコーン)ってスマッシュする
ジャンピングスマッシュが出た瞬間は、
口が開いたままでした。

あんな風に打ってみたいなり。
素振り、頑張ろっかな。

AIG6.jpg

★ヘンマンの美しいトス。高っ!★

【ティム・ヘンマン】
ウィンブルドンでお馴染みの人(我輩と同い年なんだよねー)。
いっつも地元イギリスだから期待され続け、そして勝てない。
自己最高ランキングは世界4位。
今回、決勝戦でフェデラーに敗れた。
プレースタイルは、現在少数派のサーブアンドボレー。
ネットプレーが爆うま。
こんな風にやりてぇ~。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。