腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
一度きりの人生だもの
桜木町に、新しくライヴバー(はい、唇噛んでー)
がオープンした。

♪いつでも捜しているよ
 どっかに君の姿を
 明け方の街 桜木町で~♪

は、山崎まさよしの名曲
「One more time,One more chance」だが、
その桜木町にはあらず。
彩の国、埼玉県は大宮で、いつでも捜してほしい。

その名は、「LIVE & BAR DINNING B+(ビープラス)」。
大宮駅西口から徒歩10分ほど、
国道17号と県道2号の交わる
桜木町交差点のビル二階にある。
ミッドセンチュリーな雰囲気を漂わせた店内は
基礎工事こそプロが施工したものの、
細かな部分は、マスターである“めいじん”
のセルフビルドによるものだ。
テーブルの塗装は4層も塗り重ねたと聞いてびっくり。
さっすが、建設業界に長く従事してきた人は違うなぁ。
我輩の野暮なDIYとは比較にならぬ。

防音対策にはメラミン樹脂製のスポンジを使ったそう。
ほら、100円ショップとかで見かけるアレですよ、アレ。
「激落ちくん」とか呼ばれてるメラミンスポンジだす。
巨大な「激落ちくん」が壁を覆い、
その上に板(吸音用穴あき繊維板)を被せているイメージ。
それでもまだまだ防音対策が必要らしく、
経営と並行して、今後も大工仕事を行っていくとのこと。

そんな手仕事感満載な店内を眺めていたら、ふと昔を思い出した。
地方局のカメラマンをしていたとき、
やはりバーを開いた先輩がいたのだ。
基礎工事はプロに頼み、あとは自分たちで
コツコツ作っていくんだと語っていた先輩。
実際、駐車場はホームセンターで買ってきた
レンガを並べて整備したり、店の椅子を自分で作ったりして、
実に楽しそうだったことを覚えている。
やがて店の体裁が整うと、
嬉しそうに雇われ仕事を辞めていった。

めいじんはこれまで、
仕事のかたわら音楽活動を続けてきた。
たとえば07年より始まったLOVE&PEACEコンサート
(さいたま新都心の屋外ステージにて毎年12月に開催)
では、寒空のもとギターを奏でている。
そしてこのほど、長く勤めた会社を辞め、
音楽を通じて人が集う場所を作ってしまった。
好きなことをライフワークにするのは
相当の覚悟がいるだろうし、
きっと、シンドイことも多いんだろな。
けど、イイ顔してました。

さて、出演バンドはプロ・アマ問わず。
ノルマもないので、興味ある方はぜひ。
ふらっと来て、店にあるギターをつま弾いて
コーヒーだけで帰っていく人もいるそうです。
スポンサーサイト
その時、何が動いた?



歴史はダメだから、と笑う人がいる。
歴史?興味ない!
とキッパリ言い放つ人がいる。
それで、会話の回線が途切れてしまうのが残念でならない。
今、この瞬間だって、歴史の一部なのになぁ。
宇宙だって料理だって、
なんでも歴史で括ることができる。
“治水”だってそう。
唐突に、治水というワードで飛躍したのにはわけがある。
今日、関宿城に行ってきたのだ。

歴史らしい歴史を最も身近に感じる場所は
城、ではないだろうか。
なんとなく城が見たくなり、
今日、我が家から車で30分ほどで行ける
千葉県野田市関宿町にある、関宿城へ。
利根川・江戸川の分岐点にあり、
近くには凧が舞い、遠くには筑波山。
癒されるロケーションだ。

併設する千葉県立関宿城博物館に入場する。
どんな歴史を持った城なのか知りたい
とワクワクしていたのだが…。

きっと館を出るときに、
多くの人がこうつぶやくだろう。

で?城の歴史は?

HPにはこうある。

関宿城博物館は、この関宿町にあった
関宿藩・関宿城と日本の水運工事に関する歴史に
スポットを当てた、ユニークな博物館です。

なるほどね。
知らないで飛び込んだから、違和感抱きまくりだったよ。
水上交通の要所として発展してきた場所柄、
治水がテーマなのはわかる。
けど、スポット当て過ぎ。
眩しすぎて、せっかくの城が霞んじまうぜ。
どうして「治水博物館」にしないんだ?
と突っ込みたくなるほど、城の歴史nothing。

しかし、ロビーに置かれたビデオ展示に
「その時歴史が動いた」のボタンが。
お、関宿に貢献した人物の話題か?
と期待してプッシュしてみたら、
平成16年6月30日に放映された
「もう一つの日本を創(つく)った男
 ~平将門 東国独立政権の謎~」
だった。

いや、さすがNHKですよ。
コンテンツとしては最高におもしろく
45分近く、食い入るように見ておりました。
で、見終わって、
口から自然ともれたのが、さきほどのフレーズ。

う~ん、将門さんは関東を制圧した人だし、
将門さん縁のモノ(手持ちサイズの鐘)が、
埼玉県の幸手にある寺に保管されている
部分もあったが…。
埼玉県幸手市は、関宿の隣だから
まあ、関係あるっちゃあるけど…。
ちと無理はないかい?
展示には、特に何の説明もなかった。
ま、でも。
楽しかったからいっか。

というわけで。
万物に、歴史あり。
歴史はどうもねぇ、という人は
自分の好きな分野に的を絞ることをお勧めします。
そして、治水フリークの人は関宿へGO!
で、あります。
4回目のお引っ越し
コーヒーってのは、豆はもちろん、
ドリッパーとマグカップとフィルター
がなければ飲めない。
そんなことが痛いほどわかるのが、
引っ越し。
一昨日、念願のコーヒーを飲むことができ
ほっと一息ついたところで、ご報告。
そうです。そうなんです。
あっちこっちとフラフラしていたコメ助も
遂に定住することになりました。
中古の格安物件を買っちまったのです。
物件探しのエピソードは、後日また。

さて、本日は新居5日目。
なのに、周囲は段ボールの山。
引っ越し直前になって殺気立って詰めたため、
未だに行方不明物多数あり。
相方の髭そり然り。テレビのリモコン然り。
残り湯を汲み上げるポンプが発掘されたのは、
昨日の夜のことだった。

いやね、整理・分類好きの我輩が
何故こんな状態に甘んじているのかというと、
引っ越し翌日に、
取材が入っていたからなのですよ。
なんと、俳優で写真家の
宍戸開さんのインタビュー。
普段、地味な取材が多い我輩。
芸能人に出会うことなど珍しく、
舞いあがってるとこに、
人生最大のイベントが重なり…。
履いていく靴下をやっと見つけて
家を飛び出していく始末でした。

テレビの印象通りの、
大変きさくな人でした。
好奇心や冒険心を持って、
日本全国や世界各地を飛び回り、
常に飾らない心で被写体と向き合い、
写真を撮り続ける姿勢に感動。
パワーをもらって帰ってきました。

とはいえまだ、ピアノの搬送という
難題が残ってるなり。
搬入したときと周囲の状況が変わり、
うまく出せない可能性もあるのだ。
「解体というケースも考えてください」
と下見にきた業者に言われ…。
追い詰められた我ら。
しかし、これっきゃない!
という秘策を相方が思いついたのですよ。
週末に決行します。
250キロの巨体の運命やいかに!
またご報告しまーす。
湯たんぽのススメ
湯たんぽ

08年から09年にかけて記録的な暖冬だったそうなり。
観測史上2番目に早い桜の開花だっつーじゃないの。
ぐやしい。寒さ堪えて頑張ったのに。

この冬は一度も、
エアコンを使わなかったのだ。
最大出力600Wの
小さなハロゲンで乗り切ったものの、
これじゃあ達成感もイマイチ。

さらに、年明けには湯たんぽが仲間入り。
やっぱ末端を温めるって効果絶大なんだね、
パソコンにかじりつくことの多い職業柄
おまえはどこの登山隊だ?
と言われそうなくらい着こんでいても
足元の冷えに悩まされていたんですよ。
いえね、あちきしは冷え性ではないんですがね。
それでも、指先までかじかんでしまい
手袋してキーボードを叩いたこともあるくらい。
(打ち間違いにもほどがあるんでやめたけど)
それが、一気に解消しました。

凄いぞ湯たんぽ。
お湯が冷めたら、お風呂に洗濯に再利用。
偉いぞ湯たんぽ。

そういえば、湯たんぽだって立派な暖房器具。
事務所の備品として経費に計上すりゃよかった。
と、たかだか980円を悔やむ呟きが虚しい。
今年も無事、確定申告終えました。

さあ、春です。
フトコロにも、春よこい。

湯たんぽカバー

付属のカバーは真っ黄色。これじゃまるで災害グッズだ。
うえから、リメイクした巾着をかぶせる。
セルフタイマラー


●函館の石畳にカメラを置く●

写真撮るの好きでさ、
構図とか気にし出すととまらない。
昨年末にはデジカメ買ったし。
世界最小、光学10倍ズームさね。

被写体に自分から近づくのは撮影の鉄則とはいえ、
雰囲気や奥行きにズームは欠かせない。
10倍もあると、鼻毛までクリアでいいぜ。

旅・スポーツ観戦・集まりやらで、いちいち真剣勝負。
撮ることに夢中になると、メインイベントに集中できない
という本末転倒ぶりを露呈している。
しかも、撮るだけとって、PCにぶっこんだまま。
データタマリマクリ。
期待させといて、
何ヶ月経っても被写体に手渡せずにいるよ。
テニス仲間の皆様、ごめんなさい。

そうそう、旅に出たらセルフタイマーショットをお勧めする。
昨年、三十路女2人旅をした北海道。
写した写真は2ショットが多い。
これ全部、セルフタイマーを乱用した結果。
人にシャッターを切らせると、構図が不安だし億劫だ。
特に、デジカメはシャッタースピードが遅いしね。
この旅では、ひとつセルフタイマー機能を使いこなそうと
名所・旧所・絶景ポイントで悪戦苦闘。
ちょっとしたでっぱりを見つけると、カメラを安定させ、
納得いくまで構図を考え、タイマーボタンをプッシュ。

ジュウ、キュウ、ハチ、ナナ・・・・
ダァ~~~~!!

シャッターが切られるまでに所定の位置に駆け込むスリルが、
ピンポンダッシュの如く痛快だ。
結構病みつきになるぜ。

で、また。
例の如く、現像してないんだな、これが。

みんな画像はどうしてるの?
PCで閲覧するニュータイプ?
おいらはやっぱ、紙焼きして手元で見たいわけよ。

何故だっ!
…坊やだからさ。

所詮重力に心奪われたオールドタイプだす。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。