腹十六分目
何よりも米を愛すおいらが思いつくまま書き綴るメニュー。今宵は何を料理する?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
慎重かつ迅速に。
ここのところ来客が多く
更新する暇もなかったなり。
ピアノがどうなったか、
ご報告しまーす。

前の住居に運び入れたときは、
玄関脇の外壁と
隣地の塀の隙間を通って、
庭の入口に通じるフェンスをちょいとずらし、
庭に面した掃き出し窓から
入れることができたのだけれど、
入居して数年後、
前述のフェンスの脚元が、
コンクリでしっかり
固定されてしまったのである。

さて、困った。
3軒並びのテラスハウスの一番奥。
クレーンを使うにも、腕をめい一杯
伸ばして動かす技術的な難しさと、
それを支える脚元の
地面にかかる相当な圧力。
下見に来た業者から、
「解体するしかないかもしれません」
と言われてしまったのだ。

無理クリ運んだ場合の最悪パターンは
周囲の家の屋根壁窓をぶっ壊し、
クレーンを駐車した
駐車場のコンクリートが沈没…。
損害賠償のことを考えたら、
お陀仏もやむなしか…。

しかし業者が帰宅した後、
庭をじっと見つめていた相方が閃いた。
確かに、家の脇と庭を隔てている
コンクリ脚を引き抜くのは無理。
でも、アパートの庭を
各部屋ごとに仕切っているフェンスは、
ボルトとナットで締められているだけ。
これなら、自分らではずせるんじゃない?
おぉ!そうだそうだ!!

ただし、そのためには根回しが条件。
まず、隣の家、さらにその隣の家に
勝手にフェンスを外し、
勝手にお宅の家の庭をピアノが通ります。
よろしいでしょうか?
とお願いに行く。

さらに、一番端の家の庭に到着後、
駐車場と庭を仕切る植え込みの上を
乗り越えることになるので、
クレーンを設置する場所も確保する。
つまり、
お宅の駐車場を一時的に貸して下さい。
とこれまた使用者にお願いに行く。

幸いにもみなさん、
快く許可してくださいました。
ありがたやありがたや。

かくして。
引っ越しの荷物も片付かぬうちに、
再び旧居へ。
長いこと風雨にさらされ
ガチガチになった金具を
大家にバレぬよう慎重に外した。
一度、ワッシャーが落ちて、
雑草の中に紛れてしまい、
冷や汗を流しながら探す
という場面もあったが、
無事、全てのフェンスをはずし、
ピアノ運送のスタッフを待つ。

さすが専門業者。
屈強な男性2人の作業は、早いはやい!
あっちゅう間に空中高く持ち上がり、
「それでは、現地に向かいまーす」
と出発してしまう。
急げぇ!でもミスするなぁ!
と、慌ててフェンスを組み戻す。
もし目撃者がいたら、
黙々とテンパる
怪しい夫婦が見えただろう。

ということで。
解体も、破壊も、お咎めもなく
黒い巨体は今、
目の前に鎮座しておりまする。
苦労して運んだ分、
可愛がって(つまり練習して)やらねば。
スポンサーサイト
有明で、いい夢見させてもろた。~2007 AIG OPEN~
20071013205636.jpg

★女子ダブルス優勝直後 ボールくれ~!★

先週の話ですが、噛み締めさせておくんなまし。

去年に引き続き、AIGオープン観戦。
前回は準決勝、今回は最終日=決勝のチケットだ。
しかし、期待は肩透かしをくらう。

ガックシの理由

①世界ランク№1
 ロジャー・フェデラー急遽来日中止!

そのかわりに、日本テニス協会が出場を依頼したのが
世界ランク8位のヴィーナスウィリアムズ。
(口悪く言えば、呼び物パンダですな)
わぁお。
あのパワフルなプレーと、
褐色の肌に映えるお洒落ウェアが見れる!
と思いきや、

②女子シングルス決勝は、前日なので無理
と直前に気付く。
(しかも、格下相手に負けた)

フェデラーが駄目、ヴィーナスは見れないとなると、
動いているトラックに壁打ちするYONEXのCMでお馴染み、
レイトン・ヒューイットが見れるかと思ったが、

③なんてこったい、準々決勝で敗退。

④頼みの綱、日本人選手は全員全滅しており…。

そんなこんなで、
拍子抜けの予感を感じつつ、
有明コロシアムについた訳さ。

ゲートをくぐった直後だった。
建物の脇で周囲がざわつき始める。

なんだなんだ?
前方から金髪男が近づいてくるぞ?

そして、警備員にガードされながら、
我輩の横を過ぎて、練習コートに入っていく。

男ダブ(男子ダブルス)のプレーヤーか?
それともシングルスプレーヤー?
今日出場のシングルスプレーヤーだとすると
ひょっとして…?

慌てて、追っかける。

すぐに、ヒョロリとしたなで肩野郎もやってきた。

So,彼らこそ、AIG最後の切り札、
世界ランク8位ダビド・フェレールと
世界ランク13位リシャール・ガスケだったのだ!

20071013205549.jpg

★ガスケ★

20071013205628.jpg

★フェレール★

間近で貴重な練習シーンを見ることができたよ。
いやー絶妙のタイミングでした。



★練習風景★



★練習中のガスケ 横にいるのはコーチか?★



★練習中のフェレール★



★ガスケの練習相手は、鈴木 貴男選手だってことに気付いてびっくり★

この、最初に我輩がニアミスを起こした選手、フェレールは、
今回のウィナーとなった。

20071013205605.jpg

★優勝が決まり、コーチとハグ★

そのプレースタイルだけでなく、人柄も最高。
優勝インタビューで、
「ボールボーイのみなさん、ありがとうございます」
なんて言葉を付け加えるあたり、ただならぬいい人とみた。

てなわけで、それなりに収穫ありましたよ。
やっぱトッププロは凄い。
来年は誰が来てくれるかなぁ。
AIGは、賞金が安いからなぁ。

20071013205616.jpg

★修造のトークとアクションは、今年も冴えわたっていた★
パキ、『かもめ食堂』良かったよ。
仙台で日々開発に没頭中の後輩、パキ博士が
かもめ食堂』に触発されて旨そうな料理作ったそうな。

--------------------

パキの日記より~

かもめ食堂の中で、
『コーヒーは他人に入れてもらった方が美味しいんだ』
という台詞が出てきます。
コーヒーは確かに他人が入れたら
おいしく感じる気がしますね。
料理は自分が作ろうが、他人が作ろうが、
一緒に食べる相手(彼女や友達)がいることで、
味は変わりますね。

良かったら、かごめ食堂の感想聞かせてください。

--------------------

で、早速おいらも鑑賞。

--------------------

おにぎりは、他人に握ってもらった方が美味しい
というセリフに、実家を思い出した。

我輩の実家は変わっていてね、
あんまし家族で食卓を囲まない家だったんだ。
母ちゃんのライフスタイルが変わっててさ、
食事の支度をしながらの味見でお腹一杯になってしまうらしく、
自分は絶対に食卓に着かない。

家族がテーブルを囲む方が不気味。
正月なんて、だから不安になるんだ。

作り置きを一人で食べるという気楽な食風景は
我輩の性に合っていたらしく、
全然淋しいと思ったことはない。
けどそれってさ、
いつも家に母ちゃんがいたからでねぇかな。
作り手の顔が丸見えのもん食って、家族の気配感じて、
すくすく育ったってとこだね。
改めて、母ちゃんに感謝です。

ま、ちょいと育ち過ぎて、
一時期ははちきれそうになってたが。

--------------------

もう一つ染みた言葉。
小林聡美が合気道の基本動作をするシーンで
大切なのは体の真ん中』と言う。
暮らしの真ん中にあるのは、
やっぱり食べることなんだよね。
食をおろそかにしたり、興味がない人を見ると、
大盛り意識過剰な我輩としては、
羨ましいと同時に、哀しい。

食べることに、
文化・習慣・趣味・嗜好、美学・哲学・悪癖に至るまで、
何でもかんでも総動員。
それが、人間らしさなのだと思うから。

ちゃんちゃんと、生きていく清々しさを感じました。
我がメガーネ、スリランカへ
20070216233329.jpg



メガネーのパリーミッキッ♪ が、
不要になったメガネの寄付を受け付けてるって知ってた?
度数などを計り、クリーニングをして、
スリランカに送られるんだって。

近所のパリミキの、カウンター奥の目立たない場所に、
告知ポスターが貼ってあるのを発見。
あれは去年のいつだったか。
朝日新聞の土曜別冊版「be business」
に社長のインタビューが掲載されていて、
その活動内容を詳しく知ったんだよね。

裸眼で0.1を下回る我輩。
歴代のメガネ君たちにはたいそう世話になった。
燃えないゴミで捨てこともあったが、
ま、せっかく近所にあるんだし、
よっしゃ、寄付するか。
相方の分も含め、度の合わない奴らが増えてきた昨今、
コンタクトを買うついでに、持っていきました。

ガサゴソとカウンターにメガネを並べると、
店員のお兄ちゃんに
「ありがとうございます!
 スリランカに送らせていただきます!」
と満面の笑みで返され、ホッとする。

『ハァ?こんなん勝手に捨ててくれよ』

てな顔されるかとドギマギしてたから。
我ながら、ケツ穴小っちぇ。

しかも。

「これ、どーぞ!」
と、お兄ちゃん。
目の前にニョキッと出されたのは、
寄付のお礼に渡すことになっているという
スリランカの紅茶だった。

こーいうのって、なんだかこう、嬉しいよねぇ。
ニヤニヤしながら相方に話したら、
(アララ)って顔してこう言った

「なんだ、一気に出すんじゃなかったな。
 1個づつ持っていけば、もっと貰えたのに…。」

せこーーーーーーーーーーーーーーーーーい!
(by 井戸田 潤)

詳しくは、三城光学研究所の
「社会啓蒙および社会貢献」のページをどーぞ。
http://w3sv01.paris-miki.co.jp/moi/

株式会社三城のHPでは活動について見当たらなかった。
もっとド派手にアピールすることもできるだろうに、
欲のないこった。
フムフム、好印象

20070216233338.jpg

お義父さんに捧げた
さぁ~て、後日談。
red lineなデザインに拒否反応を示すことなく、
結構気に入った様子のお義父さん。

but、fuuuuuuuuuuuck!
靴のサイズをミスった。
0.5小さかったなりよ(グスっ)。
相方が(お馴染みの)覚え違いをしてました。
それを信じた我輩も、永田議員なみに責任ありんす。
妹嬢に聞きゃよかった。

お義母さんが靴ひもを全部緩め
グイグイ、ゴリゴリ横に引っ張る。
「だいぢょんぶだよぉ」
と言いながら、無理に履いてくれたお義父さん。
案の定、パンパン・ムチムチ足の甲。
いくらプレゼントは“気持ち”が大事とはいえ、
やはりツールモノは使ってナンボな訳で・・・。

一家大爆笑。磯野家は今日も平和です。
のっびろーーー、合成革!

追伸:
おっお義父さん、プレゼント開けて早々、
せっかく書いたメッセージカード、
包み紙と一緒に捨てないで。
気づいてぇ、読んでぇ・・・。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。